BEYOND COVID-19 PROJECT

About Project

私たちの生活を一変させた、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。深刻な感染拡大が続く今、地域の医療インフラとしての役割を果たしつづける調剤薬局と、その担い手である薬剤師の皆さまへの支援をさらに強化すべく立ち上がったのが、Beyond COVID-19プロジェクトです。私たちカケハシの持てるリソースを活かし、少しでもお役立ていただけるようなツールや情報、場の提供を行っていきます。

こちらのページに、プロジェクトに関する情報を随時まとめていきます。

 

ブログ

緊急事態宣言延長・コロナ長期化に伴う患者さんの問題に寄り添う薬局を応援します
https://musubi.kakehashi.life/blog/200512-stay-home-advice/

0410対応とは? オンライン服薬指導 解禁までの経緯から要点を整理しました。
https://musubi.kakehashi.life/blog/200417-about0410/

0410対応の進め方は?−薬局での掲示から服薬指導後のフォローまで
https://musubi.kakehashi.life/blog/200422-howto0410/

【動画あり】Musubiの遠隔服薬指導を体験してみました。
https://musubi.kakehashi.life/blog/200422-musubi-remote-movie/

 

お役立ち資料

「0410事務連絡に対応した遠隔服薬指導業務フローのご提案」無料ダウンロード
https://musubi.kakehashi.life/wp-download/howto-0410-document/

 

イベント&イベントレポート

■薬局経営者プレミアムセミナー:第4回(2020年6月19日開催)
■薬局経営者プレミアムセミナー:第3回(2020年5月28日開催)
■感染対策どこまでやるの?薬局における新型コロナウイルス対応(2020年5月18日開催)
セミナーレポート「新型コロナウイルス感染者が減少するなか、感染対策はどこまでやるべき?」
https://musubi.kakehashi.life/blog/200528-report-infection-control/

 ■新型コロナウイルス感染拡大の中で、COVID-19の感染対策のために知っておくべきこと~調剤薬局を中心に~(2020年5月7日開催)
セミナーレポート「新型コロナウイルス感染拡大の中で【調剤薬局が今できること】をテーマに情報交換会を開催しました。」
https://musubi.kakehashi.life/blog/200529-report-yakkyoku-dekirukoto/

■新型コロナウイルス感染症対策のための暫定遠隔対応(0410対応)についての情報交換会
(2020年4月22日、23日開催)
イベントレポート「どうする?0410対応——約200名が集ったオンライン情報交換会をレポート」
https://musubi.kakehashi.life/blog/200423-covid-19-about0410-mtg/

導入事例

高齢化率40.4%の佐渡島=日本の地域医療の未来。Musubiとともに、薬局の未来を切り開く。

新潟県と佐渡島で6店舗を経営するさど調剤グループの光谷さん。「超高齢化社会を迎えた佐渡の現在は、日本のちょっと先の未来の姿なのかもしれない」という光谷さんは、離島の薬局経営のあり方をMusubiを活用しながら模索しています。紙薬歴から切り替えたことで起こった、患者さんに対してのコミュニケーションの変化と、これからの時代を生き抜く薬局経営へのたしかな手ごたえについて語ってくれました。

「薬歴地獄から解放された」と語る2店舗経営者が、Musubiと向かう、次のステージ。 (1)

横浜と都内に2店舗を構える、株式会社ON THE ROAD。創業18年目を迎えた岩倉社長は、地域の一番店をめざすために「Musubiのない薬局経営は、ありえない」と語ります。10年使った電子薬歴からの転換、現場スタッフの葛藤。そして、Musubiを導入して数年経った今、見えている景色について伺いました。

調剤薬局チェーンが挑む、薬歴の標準化。サエラ薬歴プロジェクト

大阪に本社を構え関西・関東に68店舗を展開するサエラ薬局。全店にMusubiを導入し、薬歴のクオリティの底上げを目指した全社的な取り組みを推進されています。プロジェクトリーダーの矢羽田和哉さん、今中直輝さん、林大佑さん、鈴木樹里さんにお集まりいただき、その活動を振り返る座談会を開催しました。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4