また来てもらえる
薬局を、つくろう

新規開業・事業承継をお考えの経営者の方へ

理想の薬局づくり、サポートさせてください。

「患者さん第一に考えた薬局をつくりたい。
だからこそ、変化に対応したい。」
そんな想いにお応えしたく、様々な課題解決に取り組んでまいりました。
株式会社カケハシでは
薬局開業に向けて準備する薬局経営者専用の
個別相談窓口をご用意しています。

お気軽にお問い合せください

こんな相談も歓迎です

薬局経営にサポーターを

Musubiをスタートから使ってみませんか?

おかげさまで、Musubiが多くの管理職や経営層に支持される結果となりました。
実際に、離島も含む47都道府県で急速にMusubiを選ぶ薬局が増えております。
患者さんに選ばれる時代に、未来を見据えたシステム選びを。
理想の薬局づくり、
Musubiにサポートさせてください。

Musubiユーザーの声

事業承継・新店開業時からMusubiが選ばれる理由。

東京都:恵比寿ファーマシー 2019年事業承継

経営へのインパクトも大きかったです

情報を一元的に管理し、経営情報を見える化・分析ができるという点も、『Musubi』の導入を決めた理由でした。目標として、ジェネリック比率を85%以上にしようと計画。導入前は79.89%だったのですが、導入後は86.49%に改善。これは経営へのインパクトも大きかったです。

以前はジェネリック比率をレセコンから手計算で算出しており、作業時間を圧迫していました。その時間がゼロになったこともうれしい出来事でした。

(代表取締役 篠原久仁子 さん)
大阪府:おづ薬局 2016年事業承継

ベテラン薬剤師も導入後すぐに使いこなせた

薬剤師の平均年齢は50歳なのですが、みんな導入後すぐに使いこなせていたように思います。

患者さまにお薬の説明をしながら、画面タッチで指導内容を薬歴に入力できるので、投薬が終わった時点で薬歴はほぼ完成。しっかりと薬剤師の視点に立った文言にもなっているので、画面タッチを続けるだけでベテラン薬剤師も納得の薬歴に仕上がります。

薬歴作成が早くなったことで、スタッフの数はそのままに、対応できる患者さまの数が増えました。

(代表取締役 福田 宗貴さん)

事業承継・新規開業をお考えの方へ

Musubiが経営のスタートダッシュを
サポートできる5つの理由

薬局のあたらしいスタートの際に、Musubiを選んでいただく経営者の方が増えています。
Musubiなら、電子薬歴として圧倒的な業務効率化ができるのはもちろん、服薬指導のサポートも、経営管理に不可欠な各種データの見える化も、アプリによる服薬フォローや来局促進も兼ね備えています。
患者さんに選ばれつづけるための薬局づくりは「Musubi」におまかせください。

業務状況・収益の視覚化

業務状況や収益を視覚化し、
立ち上げ期の経営をサポート

薬歴業務の効率化

薬歴業務の圧倒的な効率化により、対人業務の時間を確保

充実の服薬指導支援

充実の服薬指導支援で
アドヒアランス向上をサポート

患者フォロー

患者さんとアプリでつながる
先進的フォローアップ

クラウドデータ管理

データはすべてクラウド上に。
業務の場所を選びません

まずは、お問い合せください

個別相談(登録1分)

導入事例

業務効率化も、トレーシングレポート枚数増も実現。Musubi導入から使いこなすまで、1年間の記録。

患者さんの満足度を向上したい。石川県にあるてまりグループの薬局では、Musubiを導入した結果、薬歴記載時間の短縮などの業務効率化に成功し、生まれた余裕を使ってトレーシングレポートの枚数増を実現するなど、理想の薬局に一歩一歩近づいてきました。Musubi導入~導入1年後までにどんな変化が起こったか。その歩みを伺いました。

400年続く老舗企業が、Musubiを全店一斉導入した理由。

服薬指導を中心に、標準化しつつ高い服薬指導レベルを目指したい。石川県で400年に渡り「地域のくすり屋」としてドラッグストアや調剤薬局を営んできた株式会社コメヤ薬局。副社長の長基さんは、薬歴業務や服薬指導の質をグループ全体で向上し、標準化させたいという思いから、以前の電子薬歴のリース期間が残っているなかでMusubiの全店舗一斉導入を実施。その決断に至った理由には、いち薬剤師として、経営者としての想いがありました。

「もう以前には戻れない」Musubiが変えたチェーン薬局の仕事

Musubiを全ての店舗に導入し、Musubiによる店舗業務のレベルアップを全社的に進めているサエラ薬局。果たして現場ではどのような変化が生まれているのでしょうか?関西で先んじて利用をスタートした今里店・今里北店に伺い、今里北店店長・管理薬剤師の濱田浩子さんと入社3年目の原かんなさんにお話を聞きました。

イベント・セミナー情報

22年度 調剤報酬改定を踏まえた中小薬局の経営戦略 ~ 3/29 Web開催

【開催日時】2022年3月29日(火)PHB Design株式会社 代表取締役社長 狭間 研至先生を講師に迎えお届けしている、プレミアムセミナー シーズン4。第5回目のテーマは「調剤報酬改定」です。2022年度 調剤報酬改定に向けて、経営者としてどんな準備が必要となるのか、薬局の課題から対応策まで丁寧にお伝えいたします。将来を見据えた準備や情報収集をしたい経営層の方、必見のセミナーです。

Pharmacy Leaders Day 2022 3/15-16 Web開催

データヘルス、オンライン医療、DX、セントラル調剤、零売、異業種参入…。規制緩和とテクノロジーの躍進、データ活用への期待、患者ニーズの多様化により、薬局は一層の変化とその役割の多様化が求められている。現在の薬局業界をどう捉え、どこへ進むべきか。薬局業界の規制改革・経営・テクノロジーのフロントランナーたちが一堂に介し、現在~未来の薬局経営について、国内外の最新の動向も交え、2日間にわたりお届けする。

第3回次世代薬局EXPO 大阪

2022年2月24日(木)-26日(土)、インテックス大阪で開催される第3回 次世代薬局EXPO 大阪にKAKEHASHIは出展します。また 2月26日(土)には、次世代薬局EXPO2022大阪内 にて行われるセミナーに、弊社・中尾と厚労省の紀平様が共同登壇します。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4