Musubi Insight

薬局経営データを”見える化”

薬局の“今”をいつでもどこでもカンタン把握

Musubi Insightとは?

薬局の経営管理数値をクラウドで自動集計
管理者の分析業務をカンタンに

データドリブンな経営を目指したい多店舗薬局に最適

面倒な集計作業は不要に

各店舗情報の集計を自動化、手間のかかるプロセス/コストを全て削減。クラウド型だからできる、時間と場所に縛られない薬局経営の状況分析。

各店舗の状況が一目瞭然

薬歴記載状況や加算の取得余地などの課題に対していち早い対応をサポート。薬局経営改善の次の一手の足掛かりに。

円滑なコミュニケーション

数字に基づいた意思決定は、従業員とのコミュニケーションを円滑に。経営方針に対する理解度や納得度が向上し、モチベーションアップも。

Musubi Insight

選ばれる3つの理由

クラウド型だから「いつでも」「どこでも」
すべての薬局の業務・収益データが見られる

インターネット接続可能なPCがあれば、いつでもどこでもMusubi導入全店舗の状況を把握可能です。わざわざ店舗に移動することなく状況が把握可能になるため、多忙な経営者・管理職の生産性向上に寄与します。

前日分の業務が翌朝8時に把握可能、
薬局管理者の店舗業務改善をサポート

前日分の業務の振り返りがワンクリックで可能です。データに基づく客観的な視点により、薬局管理者による店舗の改善を支援します。さらに、薬剤師個人が自分のデータを把握することで、自律的な改善も期待できます。

数字を意識した業務改善を日常的に
組織のデータ活用をレベルアップ

各店舗の薬歴業務・加算状況などから得意・不得意を把握し、それぞれの課題にあわせた適切なフィードバックを支援します。数字に苦手意識のある方も「データ活用プログラム」でしっかりとフォローします。

Musubi Insight

薬局経営にデータの力を

薬局の“今”をいつでもどこでもカンタン把握

Musubi Insight

主な機能

薬歴業務の集計・分析

・処方箋受付枚数、薬歴未記載残数


・薬歴当日完了数や完了率


・平均/合計の薬歴記載時間

各種加算取得状況の集計・分析

・各種薬学管理料(約40項目)


・後発品調剤比率(切替候補提案)


・処方箋集中率(受付医療機関順位)等

調剤事業の収益集計・分析

・調剤事業全体の収益


・処方箋単価


・医療保険の収益/内訳等

情報提供関連業務の集計・分析

・疑義照会、トレーシングレポ―ト件数


・在宅計画書、在宅報告書件数


・服薬期間中のフォロー件数 等

患者増減集計・分析

・新規患者数、再来局患者数


・患者リピート率、継続患者比率


・患者増減の月次推移

患者介入リスト

・再来局見込みの高い患者をリスト化(予定)


・患者条件の様々な絞り込み機能


・介入行動履歴の記載機能

Musubi Insight

導入事例

「もう以前には戻れない」Musubiが変えたチェーン薬局の仕事

Musubiを全ての店舗に導入し、Musubiによる店舗業務のレベルアップを全社的に進めているサエラ薬局。果たして現場ではどのような変化が生まれているのでしょうか?関西で先んじて利用をスタートした今里店・今里北店に伺い、今里北店店長・管理薬剤師の濱田浩子さんと入社3年目の原かんなさんにお話を聞きました。

「地域に根ざした薬局」を続けていくために。Musubiを使いこなす経営者が、次世代に託す想い。

東京と茨城で4店舗を展開する代表取締役の篠原さんは「地域に根ざした薬局」の実現をめざし、『Musubi』を導入しました。そして「対物業務から対人業務へのシフトチェンジを加速させたい」と考え、さまざまな角度から『Musubi』を使いこなしています。 なぜ『Musubi』に決めたのか、具体的にどう活用しているかを伺うなかで、篠原さんが実現したい薬局の姿や、次世代の経営者への想いが見えてきました。

高齢化率40.4%の佐渡島=日本の地域医療の未来。Musubiとともに、薬局の未来を切り開く。

新潟県と佐渡島で6店舗を経営するさど調剤グループの光谷さん。「超高齢化社会を迎えた佐渡の現在は、日本のちょっと先の未来の姿なのかもしれない」という光谷さんは、離島の薬局経営のあり方をMusubiを活用しながら模索しています。紙薬歴から切り替えたことで起こった、患者さんに対してのコミュニケーションの変化と、これからの時代を生き抜く薬局経営へのたしかな手ごたえについて語ってくれました。

「薬歴地獄から解放された」と語る2店舗経営者が、Musubiと向かう、次のステージ。

横浜と都内に2店舗を構える、株式会社ON THE ROAD。創業18年目を迎えた岩倉社長は、地域の一番店をめざすために「Musubiのない薬局経営は、ありえない」と語ります。10年使った電子薬歴からの転換、現場スタッフの葛藤。そして、Musubiを導入して数年経った今、見えている景色について伺いました。

調剤薬局チェーンが挑む、薬歴の標準化。サエラ薬歴プロジェクト

大阪に本社を構え関西・関東に68店舗を展開するサエラ薬局。全店にMusubiを導入し、薬歴のクオリティの底上げを目指した全社的な取り組みを推進されています。プロジェクトリーダーの矢羽田和哉さん、今中直輝さん、林大佑さん、鈴木樹里さんにお集まりいただき、その活動を振り返る座談会を開催しました。

Musubiで薬局が変われば、治療が変わり、患者さんが変わる。

千歳調剤薬局 取締役鈴木雅基さん、涌井砂知子さん、岸本しげ子さん│新潟市に千歳調剤薬局とふたば薬局の2店舗を構える株式会社エムシード。システム活用による業務変革を進めるなかでも、Musubiの導入が薬局を変える大きな一手となったそう。薬剤師の働き方はもちろん、近隣の病院や患者さんにまで波及したその変化について、取締役の鈴木雅基さんと、管理薬剤師の涌井砂知子さん、岸本しげ子さんにお話を伺いました。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4