電子薬歴 Musubi

完全次世代型の電子薬歴システム

患者さんに真剣に向き合う本当の薬剤師へ「ありがとう」と言われる瞬間を患者さんに真剣に向き合う本当の薬剤師へ「ありがとう」と言われる瞬間を

  • Musubiのデモ依頼・お問い合わせ
新規開業・出店向けスタータープラン新規開業・出店向けスタータープラン

閉じる

電子薬歴システムMusubiのメリット

  • 患者さんにあわせた服薬指導と健康アドバイス

    患者さんにあわせた服薬指導と健康アドバイスイメージ

    Musubiは、患者さん一人ひとりの疾患・服用中の薬・生活習慣・季節・過去処方などをもとに、最適な服薬指導と生活習慣の改善アドバイスを自動で提案する電子薬歴システムです。さらに、専用のタブレット画面をお見せしながら指導できるので、スムーズなコミュニケーションが可能。あなたの薬局がお薬を渡すだけの場所から、患者さんに価値を提供する場所へと変わります。

    患者さんにあわせた服薬指導と健康アドバイスイメージ
  • 指導した内容がそのまま薬歴に

    指導した内容がそのまま薬歴に

    一般的な電子薬歴と異なり、Musubiは専用のタブレット画面を患者さんと一緒に見ながら服薬指導することが可能です。その際、表示されている指導内容をタップすると、それが薬歴の下書きとして自動保存されます。「患者さんにはお伝えしたのに、薬歴に記載し忘れてしまった……」そんなミスもなくなり、業務効率は大幅に向上。また表示される服薬指導は患者さんごとに最適化されており、画一的な服薬指導・薬歴内容からも脱却できます。

    指導した内容がそのまま薬歴に
  • 対物から対人への移行をスムーズに

    対物から対人への移行をスムーズに

    服薬指導中に薬歴の下書きが完成すれば、薬歴の作成時間は大幅に減少します。そこで生まれた時間を、患者さんにとってより価値のある服薬指導にあてること。それが、電子薬歴システムMusubiがもたらす大きな効果の一つです。対物業務から対人業務へのシフトは、患者満足度の向上につながるだけでなく、かかりつけ薬局として患者さんにより深く頼られるきっかけにもなります。

    対物から対人への移行をスムーズに
  • 薬剤師の声で進化しつづける電子薬歴

    薬剤師の声で進化しつづける電子薬歴

    Musubiは、200人を超える薬剤師の意見をもとに生まれました。そして、患者さんにより良い価値を届けたいと思う薬剤師の声によって進化しつづけています。高頻度のアップデートにより、従来の電子薬歴とは一線を画す新たな機能や指導内容などのコンテンツが追加されることで、服薬指導の水準を継続的に高めていくことができるのもMusubiの特徴です。

    薬剤師の声で進化しつづける電子薬歴

電子薬歴システムMusubiの機能紹介

  • 患者情報の登録・確認

    Musubiには、患者情報を記録する独自の患者サマリ(頭書き)が用意されています。この患者サマリに登録された患者情報と、レセコンに入力された処方を自動で結びつけ、患者さんの背景にあわせた最適な服薬指導や健康アドバイスを提示します。

    生活習慣チェック生活習慣チェック 伝達事項伝達事項
  • 処方確認・薬歴参照

    Musubiの処方確認画面では、過去の処方との比較が可能。処方の変化を簡単に確認できます。また、処方薬に関するアラート機能や添付文書の閲覧機能もあり、スムーズな監査をサポートします。

    処方アラート処方アラート 薬歴薬歴
  • 服薬指導・健康アドバイス

    Musubiの服薬指導は、タッチパネル式のタブレット画面を患者さんと一緒に見ながら行います。画面には、薬の説明にあわせて、ワンポイントの健康アドバイスも掲載。こうした説明やアドバイスは患者さんそれぞれのデータをもとに抽出されるため、画一的ではない、患者さん一人ひとりに寄り添った服薬指導の実践につながります。

    服薬指導服薬指導 ワンポイントアドバイス健康アドバイス
  • 薬歴完了

    服薬指導の内容が自動で薬歴に記載されるため、指導終了と同時に、薬歴の下書きが仕上がります。必要に応じてそこに追記するだけで、充実した薬歴がその場で完成します。

  • Musubiの在宅報告書

    完成した薬歴をもとに、在宅報告書を作成する機能があります。報告書は無駄を省いたシンプルなデザイン。医師やケアマネージャーなどの関係者に重要事項が伝わりやすいものになっています。

  • 薬剤師による機能開発

    Musubiチームには、薬局の現場に寄り添ったサービスを作りたいという思いをもつ薬剤師が集まっています。コンテンツ作成、営業、ユーザー支援、開発と幅広い役割で薬剤師が活躍中です。

  • 生活習慣チェック

    生活習慣チェック

    患者さんそれぞれの体質や嗜好品、生活習慣に関する情報が、提示される服薬指導・健康アドバイスに自動で関連づけられます。患者さんの生活背景に沿ったオーダーメイドの服薬指導が可能です。

  • 伝達事項

    伝達事項

    患者さんにヒアリングしたさまざまな情報を、「申し送り事項」としてMusubiに記録し、次回の服薬指導に活かすことができます。

  • 処方アラート

    処方アラート

    過去の処方との比較により、処方の変化を一目でチェックできます。処方内容が患者サマリと自動で関連づけられるため、副作用や併用薬・アレルギーなどのアラート情報も必要に応じて表示されます。

  • 薬歴

    薬歴

    薬歴はSOAP形式。記載された指導内容を時系列で確認できます。OP(Observational Plan)を入力することで、次につながる服薬指導が可能です。

  • 服薬指導

    服薬指導

    処方内容に、患者さんの疾患や体質・生活習慣といった患者サマリの情報、季節情報をかけ合わせ、最適化された服薬指導文を自動で表示。患者さん一人ひとりの“いま”にあわせた、オーダーメイドの服薬指導です。

  • 健康アドバイス

    健康アドバイス

    服薬指導に加えて、イラストつきの健康アドバイスも提示。生活習慣の改善など、すぐに取り組める身近で手軽なアドバイスを中心に、患者さんごとに最適なものが表示される仕組みです。

閉じる

サポート

  • 充実したサポート体制

    サポートセンターのイメージ

    Musubiは導入して終わりの電子薬歴ではありません。より良い薬局へと進化を続けていただくために、導入前研修や導入後の各種サポートをはじめ、お使いいただく薬剤師さんへのフォロー体制を整えています。薬剤師のほか、IT業界をリードしてきたシステムエンジニアやデザイナーが、現場でのMusubi活用を全力で支援。薬局経営を成功へと導きます。電子薬歴を初めて導入する薬局はもちろん、パソコンが苦手な方にも親身に対応しますのでご安心ください。

    サポートセンターのイメージ
  • 導入サポート

    Musubiを最大限ご活用いただくために、導入前からトレーニング研修を実施します。実際にMusubiを操作しながらの研修により、導入に伴うご不安を解消します。

  • 電話サポート

    各種お問い合わせを承るサポートデスクも開設しています。Musubiをご活用いただくなかで生じた問題やご要望、ご質問など、お気軽にお問い合わせいただけます。

  • 遠隔サポート

    電話サポートで解決できない問題には、Musubiのシステムエンジニアが、お使いのMusubiタブレットに接続して遠隔からサポートします。

導入ステップ

  • STEP1

    導入前ヒアリング

    担当者が薬局の業務フローを確認したうえで、最適な導入台数や導入方法をご提案します。

  • STEP2

    Musubiのセットアップ

    担当者が店舗を訪問のうえでレセコンとMusubiの連携をし、設置します。

  • STEP3

    使用方法の説明・研修会実施

    Musubiのフローを一緒にご確認いただきながら、使用方法をご説明します。多店舗への導入等の場合は、研修会などを企画いたします。

  • STEP4

    継続的なサポート

    Musubiをスムーズにご活用いただけるよう、担当者が継続的にサポート。

  • STEP5

    薬局体験を変えるために!

    薬局の提供価値を高め、患者満足の向上を実現すべく、その後もカスタマーサクセスチームが薬局経営を支援します。専門的なバックアップが必要な場合は、社内の薬剤師やコンサルタントが、Musubiのメリットが最大限に発揮されるようサポートします。

Q & A

従来の電子薬歴と何が違うのですか?

従来型の電子薬歴と異なり、服薬指導中に薬歴の下書きが自動で作成されるのが大きな特徴の一つです。服薬指導後に追記するだけで薬歴を完了できるので、大幅な業務効率化が可能。またお薬の説明に加えて表示される健康アドバイスにより、服薬指導の充実にもつながります。

Musubiはレセコン一体型ですか?

Musubiは電子薬歴システムです。お使いのレセコンと連動させることで機能します。

いま使っているレセコンとの連携は大丈夫でしょうか?

NSIPS®に対応しているレセコンとの連携が可能です。多数のレセコンメーカーとの連携実績がありますのでご安心ください。

*NSIPS®とは日本薬剤師会が提案する、薬局向けの各種調剤システムを連動させるための共有仕様です。
*NSIPS®は社団法人福岡県薬剤師会の登録商標です。

いま使っているパソコンにインストールできますか?

弊社から最適なタブレットPCをご提供しますので、インストールの必要はありません。Musubiの機能を最大限に活かせるタッチパネル式のデバイスです。

デモにはすぐ来てくれますか?

お問い合わせをいただいた順に承っております。テレビ電話でのデモも可能です。

音声認識との併用は可能でしょうか?

Musubiに音声入力機能はありませんが、他社のアプリケーションを併用した実績はございます。

薬歴はどのような入力形式になっていますか?

服薬指導時に画面をタップすると、その内容がSOAP形式で薬歴に自動記載されます。記載された内容は、時系列で確認できます。

IT機器の導入に不安があるのですが……

事前の準備から当日の設置まで、専門スタッフが細かくサポートしますので、ご安心ください。

お問い合わせ

トピックス

  • 在宅医療に本気の新設薬局が、Musubiを選んだ理由とは?

    在宅医療に本気の新設薬局が、Musubiを選んだ理由とは?

    2018年4月に開局したまんまる薬局は、在宅の患者さまに向けた「訪問薬剤サービス」に特化。居宅訪問に高い志をもった若いスタッフが集い、支持を集めています。業務の効率化を目的にMusubiを導入・活用されている同薬局ですが、それ以上の影響も見られたとのこと。詳しい... 詳しくみる

    在宅医療に本気の新設薬局が、Musubiを選んだ理由とは?
  • 薬剤師の“二極化”を見据えて 大規模薬局の薬歴負債に挑む、薬局長の覚悟

    薬剤師の“二極化”を見据えて 大規模薬局の薬歴負債に挑む、薬局長の覚悟

    福岡市内にて複数店舗を展開する株式会社福岡保険企画では、6店舗にてMusubiを導入・活用されています。総合病院の門前にて営業する旗艦店舗「ちどり薬局」での活用状況について、代表の坂口裕子さんに伺いました。 詳しくみる

    薬剤師の“二極化”を見据えて 大規模薬局の薬歴負債に挑む、薬局長の覚悟
  • 紙薬歴からの移行で、「かかりつけ」「在宅」の両立を推進

    紙薬歴からの移行で、「かかりつけ」「在宅」の両立を推進

    カネマタ薬局は、千葉県船橋市内に5店舗を展開する老舗薬局。1店舗を除いて紙での薬歴管理を行っていたものの、全社的なビジョンである「かかりつけに向けた体制強化」「在宅業務の効率化」により注力すべく、全店舗へのMusubi導入を決定。すでに現場での活用をスタート... 詳しくみる

    紙薬歴からの移行で、「かかりつけ」「在宅」の両立を推進
  • 薬歴は「ただの記録」でいいのか?“使える薬歴”が残せる体制を求めて

    薬歴は「ただの記録」でいいのか?“使える薬歴”が残せる体制を求めて

    「みなさまの薬局を目指します」という理念のもと、東京・神奈川を中心に地域密着型の60店舗を展開する田辺薬局。“書くこと自体が目的になってしまっていた”という薬歴業務を改善すべく、Musubiを導入し、活用されています。今回は、導入プロジェクトを牽引し、自らも... 詳しくみる

    薬歴は「ただの記録」でいいのか?“使える薬歴”が残せる体制を求めて
  • 薬効・用法・用量の説明で終わらない服薬指導へ。新人薬剤師の投薬サポートにも。

    薬効・用法・用量の説明で終わらない服薬指導へ。新人薬剤師の投薬サポートにも。

    全国68店舗を展開するサエラ薬局。全社的に薬歴システムの見直しを進める中でMusubiと出会い、2018年9月より導入をスタートしています。今回は、導入3カ月を迎えた神奈川・高田駅前店の杉浦店長に、Musubiの活用による薬局業務への効果・影響についてお話を伺いました... 詳しくみる

    薬効・用法・用量の説明で終わらない服薬指導へ。新人薬剤師の投薬サポートにも。
  • ITリテラシーの壁を越え、薬歴記入率の大幅向上を実現。

    ITリテラシーの壁を越え、薬歴記入率の大幅向上を実現。

    東京・八丁堀に2店舗を構える越前堀薬局は、2017年11月にMusubiを導入。業務効率化とともに、薬歴記入率を大幅に改善しています。代表の犬伏洋夫先生に、導入を決めた経緯と導入後の効果、活用のポイント等を伺いました... 詳しくみる

    ITリテラシーの壁を越え、薬歴記入率の大幅向上を実現。
  • Musubiが特許取得。 服薬指導ツールとしての可能性とは?

    Musubiが特許取得。服薬指導ツールとしての可能性とは?

    2018年8月、株式会社カケハシの次世代型電子薬歴「Musubi」が特許を取得しました。具体的には、「薬剤師による患者に対する服薬指導を支援するための装置、方法及びプログラム」についての発明です。こちらではその特許の詳細とともに、Musubiの描くビジョンについてご紹介します... 詳しくみる

    患者に適した服薬指導が簡単にできるイメージ

お知らせ