選ばれつづける薬局を実現
薬局の経営改善をサポート

Value

選ばれる理由

電子薬歴は業務効率化だけではない時代
Musubiは薬局DXをトータルサポート

電子薬歴を、薬歴機能だけで選んでいませんか? Musubiなら電子薬歴として圧倒的な業務効率化ができるのはもちろん、服薬指導のサポートも、経営管理に不可欠な各種データの見える化も、アプリによる服薬フォローや来局促進も。デジタルを前提とした、薬局の経営・業務の変革(薬局DX)をサポート。患者さんに選ばれつづけるための薬局づくりは「Musubi」におまかせ。

Features

Musubi4つのポイント

デジタルの力で薬局経営を強力アシスト
進化しつづけるクラウドサービス

薬剤師の仕事に圧倒的な「余裕」と「質」を生み出す電子薬歴

服薬指導しながらの薬歴作成で、
薬局の働き方改革と患者満足度向上を実現。

経営データを即座に見える化

経営に必要な情報をタイムリーに可視化。
薬局の”データ経営”をサポートします。

LINEで出来る患者フォロー

フォローすべき患者を自動スクリーニング。
必要なアクションを、最小限の業務負荷で。

AIの力で「カンタン」在庫管理

AIによる高精度の来局予測に基づく、あたらしい在庫管理。
勘と経験に頼らない医薬品発注を実現。

Issues

こんな課題はありませんか?

服薬期間中のフォローや地域連携薬局等の改正薬機法や毎年の薬価改定、
調剤報酬改定による調剤料の減少といった厳しい環境により、
従来の薬局経営のままでは今後の薬局経営は成り立たないと悩み、漠然とした不安を抱えている…
もし下記の課題がひとつでも当てはまるなら、ぜひお問い合わせください。

ぜんぶMusubiで解決できます。

Philosophy

患者さんのための薬局づくり、そのパートナーでありたい。

対物から対人へ。門前からかかりつけへ。そして、地域医療を担う存在へ。

今、薬局に求められる役割が、ますます大きくなるなかで必要なもの。それは単にこれまでの業務をちょっとラクにするためのツールではなく、薬局経営の“持続可能性”を高めていくことのできるシステムだと私たちは考えます。つまり、デジタルの力で薬局の経営・業務そのものを変革すること、「薬局DX」(デジタルトランスフォーメーション)です。

例えば、薬歴。薬歴を加算のための記録書類としてだけでなく、患者さんと薬局をむすぶ貴重な顧客情報として扱うことができれば、患者さんに“選ばれつづける薬局”となることも、もはや夢ではありません。

薬局の負担を最小に、患者さんの満足を最大に。 Musubiは、その実現のためのパートナーです。

導入事例

業務効率化も、トレーシングレポート枚数増も実現。Musubi導入から使いこなすまで、1年間の記録。

患者さんの満足度を向上したい。石川県にあるてまりグループの薬局では、Musubiを導入した結果、薬歴記載時間の短縮などの業務効率化に成功し、生まれた余裕を使ってトレーシングレポートの枚数増を実現するなど、理想の薬局に一歩一歩近づいてきました。Musubi導入~導入1年後までにどんな変化が起こったか。その歩みを伺いました。

400年続く老舗企業が、Musubiを全店一斉導入した理由。

服薬指導を中心に、標準化しつつ高い服薬指導レベルを目指したい。石川県で400年に渡り「地域のくすり屋」としてドラッグストアや調剤薬局を営んできた株式会社コメヤ薬局。副社長の長基さんは、薬歴業務や服薬指導の質をグループ全体で向上し、標準化させたいという思いから、以前の電子薬歴のリース期間が残っているなかでMusubiの全店舗一斉導入を実施。その決断に至った理由には、いち薬剤師として、経営者としての想いがありました。

「もう以前には戻れない」Musubiが変えたチェーン薬局の仕事

Musubiを全ての店舗に導入し、Musubiによる店舗業務のレベルアップを全社的に進めているサエラ薬局。果たして現場ではどのような変化が生まれているのでしょうか?関西で先んじて利用をスタートした今里店・今里北店に伺い、今里北店店長・管理薬剤師の濱田浩子さんと入社3年目の原かんなさんにお話を聞きました。

よくある質問

いま使っているレセコンと連携できますか?
Musubiは日本薬剤師会が推奨する、薬局向けコンピュータ間の連携システムであるNSIPS®に準拠しております。 NSIPS®に対応しているレセコンとの連携が可能です。多数のレセコンメーカーとの連携実績がありますのでご安心ください。
*NSIPS®とは日本薬剤師会が提案する、薬局向けの各種調剤システムを連動させるための共有仕様です。 *NSIPS®は公益社団法人日本薬剤師会の登録商標です。(商標登録 第5214610号)
連携システム
いま使っている電子薬歴からの切り替えの手間が大変そうですが…

切り替えの手間を軽減するための仕組みを用意しております。

① exPDによるデータ移行
Musubiは「電子薬歴データ交換仕様に関する連絡協議会」(exPD)に加盟しています。
exPDに加盟している電子薬歴からのデータ移行が可能です。 詳しくはお問い合わせください。

② 問診票OCRサービス
問診票のデータをOCRで読み込むことで、Musubiに患者様情報を手打ち入力する作業負荷を軽減できます。
データ移行
IT機器の導入に不安があるのですが……
事前の準備から当日の設置まで、専門スタッフが細かくサポートしますので、ご安心ください。

価格体系

5年ごとの
更新料
不要!
基本プランで、すべての機能・
サービス・サポートをご利用いただけます。
料金プラン
=
初期費用
+
月額利用料
すべて
無料
機能追加・アップデート リリース2年で80回超のアップデート実績!
電話サポート 100%応答!不通時は折り返し対応を徹底
遠隔サポート 技術担当による直接対応!
ユーザーコミュニティ参加 勉強会や交流イベントなど随時開催!
ユーザー追加 店舗の人員拡大にも柔軟に対応可能!

イベント・セミナー情報

【新春特別企画】2022年 薬局業界の未来を変える!? 経営者セミナー 1/18 Web開催

【開催日時:2022年1月18日(火)】 2021年6月に開催した際に大好評をいただいた〈特別企画セミナー〉第2弾を開催。2022年は さらにパワーアップした内容で、PHB Design株式会社 狭間 研至先生、株式会社カケハシ 中尾 豊が薬局業界の未来についてスペシャルディスカッションいたします。最新の業界動向について情報収集をしたい方、必見のセミナーです。

【人気セミナー 再放送】改正薬機法で求められる薬局の法令遵守とは? ~ 企業価値を高めるガバナンス強化への取り組み ~ 12/14Web開催

【開催日時:2021年12月14日(火)】2021年10月20日(水)に開催し、反響が大きかった人気セミナーを再放送いたします。改正薬機法により、法令順守に向けた組織体制の整備が要件として加わりました。本セミナーでは、当該法改正の対策の一つとしてテクノロジーで解決できる領域についてご紹介すると共に、ガバナンス強化を実現されているケースとして、サッポロドラッグストアー社のテクノロジーの活用についてもご紹介します。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4