患者満足と薬局の働き方改革を支援する

薬局体験アシスタント

Musubiが導く3つの薬局変革

これからの薬局に求められる「患者満足」。
それは患者さん一人ひとりに向き合う薬局スタッフの「働き方改革」なくして実現するものではありません。
そして働き方改革は、適切な「店舗の状況把握」があってこそ。 Musubiはその全てをサポートし、
薬局・薬剤師と患者さん“双方”の薬局体験を向上させる、従来の電子薬歴とは明確に異なる新時代のサービスです。
アイコン01
店舗の状況把握
アイコン02
働き方改革
アイコン03
患者満足

なぜMusubiが選ばれるのか?

Point.01

服薬指導しながら薬歴作成
圧倒的な業務効率化を実現

患者さんと一緒にタブレットPCを見ながら服薬指導。指導中に画面タッチするだけで、
薬歴の下書きが自動で作成されます。ただ早く書くことを目的とした従来の電子薬歴と異なり、
「書かずに漏れなく記録する」ためのシステムです。

1

処方箋受付
処方箋受付

2

調剤・監査
調剤・監査

3

服薬指導と薬歴作成を同時に
服薬指導と薬歴作成を同時に

4

薬剤交付
薬剤交付

5

完了
完了

Musubiは、特許を取得しています!

発明の名称|薬剤師による患者に対する服薬指導を支援するための装置、方法及びプログラム
特許番号|第6381088号 出願日|2016年10月7日 登録日|2018年8月10日
Point.02

シンプルな画面、かんたん操作
だから、誰でもすぐに使えます

見やすさ・分かりやすさにこだわったテキスト表示や画面デザイン。タブレットPCの画面タッチをメインに、キーボードによるタイピングを最小限に留めた直感的な操作性。従来型の電子薬歴システムと一線を画す、Musubiならではのこだわりです。
GOOD DESIGN AWARD 2019年度受賞
Musubi
Point.03
マンツーマンサポート

マンツーマンサポートをご用意
安心してお任せください

Musubiの効率的な習熟のために設計された、独自の研修プログラムをご用意。 一度きりの一括導入研修にとどまらない継続的なサポートが、PC操作や新しいシステムの導入に不安をお持ちの薬局からも支持されています。
導入時サポート満足度90%以上

プログラム終了時のコメント
(アンケート回答より抜粋)

  • 電子薬歴やパソコン初心者にも分かりやすく説明してくれました。
  •  Musubiを使いながら毎週セッションがあるのでその段階ごとの疑問や問題点を リアルタイムで解決できるのですごく助かりました。
  • セッション以外にもチャットツールで細かな要望や質問事項などにも答えてもらえ、 スムーズにMusubiを使いこなせるようになりました。
一部講師のご紹介
山﨑 友樹 ( 薬剤師 )
ファーマシストパートナー
山﨑 友樹 ( 薬剤師 )
水野薬局店舗主任、メディア立ち上げ、英国企業のマーケットリサーチャーなどを経てKAKEHASHIに参画。 Musubiの導入支援や薬剤関連コンテンツの整備に従事。各種メディアへの寄稿や職種をまたいだ医療関係者の勉強会運営にも携わる。 多くの薬局様のMusubi導入に関わった知見を活かしてサポートをいたします。

導入事例

Musubiで薬局が変われば、治療が変わり、患者さんが変わる。

千歳調剤薬局 取締役鈴木雅基さん、涌井砂知子さん、岸本しげ子さん│新潟市に千歳調剤薬局とふたば薬局の2店舗を構える株式会社エムシード。システム活用による業務変革を進めるなかでも、Musubiの導入が薬局を変える大きな一手となったそう。薬剤師の働き方はもちろん、近隣の病院や患者さんにまで波及したその変化について、取締役の鈴木雅基さんと、管理薬剤師の涌井砂知子さん、岸本しげ子さんにお話を伺いました。

データに基づく業務改善により、サービスの質で選ばれる薬局へ

ワカバ株式会社 代表取締役専務 水越正高さん、みどり薬局富士見店 管理薬剤師 一瀬圭一朗さん│山梨県に「みどり薬局」を3店舗展開するワカバ株式会社は、薬歴業務の負担軽減と服薬指導のクオリティ向上を目的にMusubiを導入。現在は健康アドバイスをはじめとしたMusubiの各種コンテンツの積極活用やMusubiで自動集計されるデータをもとにした業務改善により、薬局サービスのさらなるレベル向上に取り組んでいます。Musubiによって生まれた変化について、代表取締役専務の水越正高さんと、富士見店 管理薬剤師の一瀬圭一朗さんに伺いました。

Musubiが先服薬指導のきっかけに。薬歴の負のスパイラルを抜け、薬剤師業務の再構築へ

第一薬局 医大前店 山﨑 大典さん│和歌山県に12店舗を展開する第一薬局。和歌山県立医科大学附属病院に隣接する医大前店では、従来から課題となっていた薬歴記載の負担を軽減すべくMusubiを導入。利用開始からわずか1ヶ月にして薬歴による残業はゼロに、そして先服薬指導をはじめとした業務プロセスの再構築にも着手されています。

よくある質問

いま使っているレセコンと連携できますか?

Musubiは日本薬剤師会が推奨する、薬局向けコンピュータ間の連携システムであるNSIPS®に準拠しております。 NSIPS®に対応しているレセコンとの連携が可能です。多数のレセコンメーカーとの連携実績がありますのでご安心ください。

*NSIPS®とは日本薬剤師会が提案する、薬局向けの各種調剤システムを連動させるための共有仕様です。 *NSIPS®は公益社団法人日本薬剤師会の登録商標です。(商標登録 第5214610号)

連携システム

いま使っている電子薬歴からの切り替えの手間が大変そうですが…

切り替えの手間を軽減するための仕組みを用意しております。

① exPDによるデータ移行
Musubiは「電子薬歴データ交換仕様に関する連絡協議会」(exPD)に加盟しています。
exPDに加盟している電子薬歴からのデータ移行が可能です。 詳しくはお問い合わせください。

② 問診票OCRサービス
問診票のデータをOCRで読み込むことで、Musubiに患者様情報を手打ち入力する作業負荷を軽減できます。

データ移行

IT機器の導入に不安があるのですが……

事前の準備から当日の設置まで、専門スタッフが細かくサポートしますので、ご安心ください。

価格体系

5年ごとの
更新料
不要!
基本プランで、すべての機能・
サービス・サポートをご利用いただけます。
料金プラン
=
初期費用
+
月額利用料
すべて
無料
機能追加・アップデート リリース2年で80回超のアップデート実績!
電話サポート 100%応答!不通時は折り返し対応を徹底
遠隔サポート 技術担当による直接対応!
ユーザーコミュニティ参加 勉強会や交流イベントなど随時開催!
ユーザー追加 店舗の人員拡大にも柔軟に対応可能!

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4