Musubiブログ

Musubi 薬局ドキュメンタリームービーVol.1「古くてあたらしい薬局」

Musubi 薬局ドキュメンタリームービーVol.1「古くてあたらしい薬局」

これからの時代に求められる薬局・薬剤師とは? その答えを探るべく、Musubiユーザー薬局の仕事を追うドキュメンタリー動画プロジェクトを始めました。第1弾は大阪で創業50年をこえる老舗薬局「新千里薬局」です。

Musubiユーザー薬局に、これからの薬局の姿を探る

大きな変化の時を迎えている、薬局業界。
これからの時代に求められるのは、どのような薬局・薬剤師なのでしょうか。

そのヒントを探るべく、Musubiユーザー薬局のもとへ足を運び、
彼らの仕事を追いかける、ドキュメンタリープロジェクトをスタートしました。
その第1弾、「古くてあたらしい薬局」篇 をお届けします。

創業50余年の老舗薬局に見た “あたらしさ”

Vol.1「古くてあたらしい薬局」

※左下の▶︎ボタンで再生。右下の拡大ボタン(歯車マークの右)で全画面表示できます。

大阪府吹田市、大規模なニュータウンの一角にある「新千里薬局」が今回の舞台です。

父親から受け継いだこの薬局で、
長年に渡り“街の薬剤師”としての役目を果たしてきた但田(ただ)勝さん。
そして、2018年に経営統合したメタルファーマシーの川野義光さん、岡田雄介さん。
3人が、薬剤師としての自身の思いと、新千里薬局の目指す姿を語ってくれました。

今に満足することなく、真摯に、
患者さん一人ひとりに寄り添おうとする新千里薬局のみなさん。
Musubiを通じて一緒に目指していきたい、これからの薬局の一つのあり方が、そこにありました。

新千里薬局のMusubi導入事例もあわせてご覧ください

[Musubi導入事例]薬剤師はもっと外へ。街の老舗薬局が遂げた変化とは?
https://musubi.kakehashi.life/case/191225-shinsenri/

そのほかのブログを読む

薬局を、患者さんの
「ありがとう」に
あふれた空間に

「かかりつけ」「健康サポート」時代にあって、患者さんに真剣に向き合う未来志向の薬剤師をサポートする完全次世代型の電子薬歴システムとして、Musubiは生まれました。その開発には、200名を超える薬剤師さんのアドバイスが活かされています。

Musubiが目指すのは、薬局・薬剤師が、その本来の価値を患者さんに正しく届けることのできる世界です。患者さんが「この薬局を選んでよかった」と心から感じられるように。そして、そのために薬剤師が過剰な負担を強いられることのないように。薬歴を軸に、薬局業務をトータルにサポートするサービスとして、Musubiはこれからもさらなる進化を続けていきます。

電子薬歴システムMusubiで、
薬局に本当の“余裕”を。

資料請求・お問い合わせ