継続的な薬学管理

Musubiの薬歴には、次回処方の際に確認したい事項を OP(Observation Plan)として記載することができます。 過去の薬歴にOPが記載されている場合、その内容が自動的に準備画面へ。抜けもれなく確認することができるほか、必要に応じて、その場でテキストの編集も可能です。

表示されたOP一覧から今回お話したい項目を選択すると、その内容が薬剤一覧画面に表示されます。

各項目をタッチすると、その内容が今回の薬歴のEPとして登録されます。

今回選択しなかったOPに関しては次回以降に再度表示されるので、確認や引き継ぎが漏れる心配もありません。Musubiをお使いいただくことで、服薬指導時の患者さんへの確認対応が自ずと徹底されます。

その他の機能詳細
・継続的な薬学管理
ハイリスク薬のDSUに対応
同一法人店舗間で患者情報を自動連携
トレーシングレポート作成機能
在宅計画書・報告書作成機能
検査値管理機能
処方チェック機能
服薬指導の表示や健康アドバイスの高頻度アップデート
セキュリティ・データ管理に優れたクラウド型
導入時の立ち上がり支援
つながりやすいサポートデスク
ユーザー向け勉強会など随時開催

導入事例

イベント・セミナー情報

お役立ち資料

Musubiのことがよくわかる資料