経営視点でおさえる改正薬機法

「経営視点でおさえる改正薬機法」無料ダウンロード

2020/3/27

これからの薬局経営のヒント

2019年11月27日に可決・成立し、12月4日に公布となった改正薬機法。
先駆け審査指定制度や医薬品の条件付早期承認制度、添付文書の電子化、虚偽違反広告への厳罰など大きなテーマがあるなかで、薬局に関しては「薬局・薬剤師のあり方」そのものから大きな見直しが入っています。

調剤薬局のこれからを取り巻く事業環境はどのように変化していくのか? 薬局はどのように舵取りをしていくべきなのか? これからの薬局経営のヒントを探っていきましょう。

目次

  • 薬機法改正4つのポイント
  • 薬局・薬剤師の定義が変わる
  • 改正薬機法をどう解釈するか?
  • 患者さんの体験から逆算した薬局づくりを

薬局を、患者さんの
「ありがとう」に
あふれた空間に

「かかりつけ」「健康サポート」時代にあって、患者さんに真剣に向き合う未来志向の薬剤師をサポートする完全次世代型の電子薬歴システムとして、Musubiは生まれました。その開発には、200名を超える薬剤師さんのアドバイスが活かされています。

Musubiが目指すのは、薬局・薬剤師が、その本来の価値を患者さんに正しく届けることのできる世界です。患者さんが「この薬局を選んでよかった」と心から感じられるように。そして、そのために薬剤師が過剰な負担を強いられることのないように。薬歴を軸に、薬局業務をトータルにサポートするサービスとして、Musubiはこれからもさらなる進化を続けていきます。

電子薬歴システムMusubiで、
薬局に本当の“余裕”を。

資料請求・お問い合わせ