「機能する服薬情報提供書のつくり方」無料ダウンロード

2020/12/16

最新情報:令和3年1月22日(官報号外 第14号)

1月22日、官報号外「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則の一部を改正する省令」が発令されました。その中で、地域連携薬局の基準の項目の一つとして下記が定められました。

第十条の二
薬局開設者が、過去一年間において、当該薬局において薬事に関する実務に従事する薬剤師に利用者の薬剤及び医薬品の使用に関する情報について地域における医療機関に勤務する薬剤師その他の医療関係者に対して月平均三十回以上報告及び連絡させた実績があること。

出典:官報(号外第14号)2021年1月22日発行
https://kanpou.npb.go.jp/20210122/20210122g00014/20210122g000140002f.html

地域に根差した薬局になるために、今後ますます服薬情報提供書(トレーシングレポート)の活用が必須となってきます。ぜひ、いま一度、服薬情報提供書の書き方を見直してみてはいかがでしょうか。

(2021/1/22更新)

 

少しの意識で大きな差がつく服薬指導提供書の書き方。

2020 年9 月の改正薬機法施行。ここから薬局薬剤師がきめ細かく患者をフォローアップ、薬学的判断、医師へフィードバックを行うという業務フローが義務化されました。薬剤師と医師が互いの専門性を発揮しつつ、患者の問題解決・より良い医療の提供に向けて連携する地域におけるチーム医療が、これからより一層求められます。

その中で注目したいのが服薬情報提供書。

薬剤師から医師への情報フィードバックの一手段であり、様々な加算の算定要件にもなっています。これからの薬剤師の必須スキルといっても過言ではないでしょう。

一方で、「まだ書いたことがない」「苦手意識がある」「もっと薬局スタッフに書いて欲しいがなかなか実施されていない」…そういったお悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。

本資料では、服薬情報提供書を「どんな場合に」「何の目的で」「何に注意しながら」「具体的にどう書けばよいのか」をお伝えします。

目次

  • なぜ「服薬情報提供書」?
  • 服薬情報提供書の実際
  • 「機能する」服薬情報提供書の書き方とは?
  • 服薬情報提供書を書きやすい環境を整える
  • ポイントを意識して、実践あるのみ

導入事例

高齢化率40.4%の佐渡島=日本の地域医療の未来。Musubiとともに、薬局の未来を切り開く。

新潟県と佐渡島で6店舗を経営するさど調剤グループの光谷さん。「超高齢化社会を迎えた佐渡の現在は、日本のちょっと先の未来の姿なのかもしれない」という光谷さんは、離島の薬局経営のあり方をMusubiを活用しながら模索しています。紙薬歴から切り替えたことで起こった、患者さんに対してのコミュニケーションの変化と、これからの時代を生き抜く薬局経営へのたしかな手ごたえについて語ってくれました。

「薬歴地獄から解放された」と語る2店舗経営者が、Musubiと向かう、次のステージ。 (1)

横浜と都内に2店舗を構える、株式会社ON THE ROAD。創業18年目を迎えた岩倉社長は、地域の一番店をめざすために「Musubiのない薬局経営は、ありえない」と語ります。10年使った電子薬歴からの転換、現場スタッフの葛藤。そして、Musubiを導入して数年経った今、見えている景色について伺いました。

調剤薬局チェーンが挑む、薬歴の標準化。サエラ薬歴プロジェクト

大阪に本社を構え関西・関東に68店舗を展開するサエラ薬局。全店にMusubiを導入し、薬歴のクオリティの底上げを目指した全社的な取り組みを推進されています。プロジェクトリーダーの矢羽田和哉さん、今中直輝さん、林大佑さん、鈴木樹里さんにお集まりいただき、その活動を振り返る座談会を開催しました。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4