“街の薬局”だからこそ、今すぐ変われる。薬剤師ならではの仕事に集中できる職場づくり:薬局経営者に訊くvol.4

薬局体験アシスタント「Musubi」をお使いの薬局経営者に、カケハシ中尾豊が薬局のリアルを伺うインタビュー企画。
第4回は山口薬品株式会社代表の山口仁さんに訊きました。

地域密着の薬局こそ、薬局変革の急先鋒になれる!?

薬局体験アシスタント「Musubi」をお使いの薬局経営者に、薬局のリアルを伺うインタビュー企画。

今回は、福島県郡山市に根差し「一番身近な健康ステーション」を標榜する山口薬品株式会社 代表の山口仁さん(福島県薬剤師会副会長)にお話を伺いました。

会社に新しい風を吹き込みたいんだけど、どんなことをしていいかわからない--そんな薬局オーナーの悩みを打破できるのがMusubiだと言う山口さん。実際にMusubiの活用で山口薬品がどう変わっていったのか、その変化のストーリーを語ってくださいました。

山口薬品さまのMusubi導入事例もあわせてご覧ください

導入事例

「もう以前には戻れない」Musubiが変えたチェーン薬局の仕事

Musubiを全ての店舗に導入し、Musubiによる店舗業務のレベルアップを全社的に進めているサエラ薬局。果たして現場ではどのような変化が生まれているのでしょうか?関西で先んじて利用をスタートした今里店・今里北店に伺い、今里北店店長・管理薬剤師の濱田浩子さんと入社3年目の原かんなさんにお話を聞きました。

「地域に根ざした薬局」を続けていくために。Musubiを使いこなす経営者が、次世代に託す想い。

東京と茨城で4店舗を展開する代表取締役の篠原さんは「地域に根ざした薬局」の実現をめざし、『Musubi』を導入しました。そして「対物業務から対人業務へのシフトチェンジを加速させたい」と考え、さまざまな角度から『Musubi』を使いこなしています。 なぜ『Musubi』に決めたのか、具体的にどう活用しているかを伺うなかで、篠原さんが実現したい薬局の姿や、次世代の経営者への想いが見えてきました。

高齢化率40.4%の佐渡島=日本の地域医療の未来。Musubiとともに、薬局の未来を切り開く。

新潟県と佐渡島で6店舗を経営するさど調剤グループの光谷さん。「超高齢化社会を迎えた佐渡の現在は、日本のちょっと先の未来の姿なのかもしれない」という光谷さんは、離島の薬局経営のあり方をMusubiを活用しながら模索しています。紙薬歴から切り替えたことで起こった、患者さんに対してのコミュニケーションの変化と、これからの時代を生き抜く薬局経営へのたしかな手ごたえについて語ってくれました。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4