【期間限定オンデマンド配信】薬局薬剤師が地域医療にどこまで貢献できるか⁉~地域包括ケアにおける薬剤師の在り方を考える~

こんな方におススメのセミナーです。

  • チェーン薬局の在宅ICT活用方法に興味のある経営者
  • 多職種連携に興味のある経営者
  • 地域の薬局が今後の存在感を出す方法を模索している経営者

セミナー内容

今回のオンデマンド配信は、2022年5月15日に開催された 第15回日本緩和医療薬学会、株式会社カケハシ共催のメディカルセミナー17、再配信となります。

(抄録抜粋)
薬剤師の在宅訪問に重きがおかれるようになって10数年。近年では調剤報酬上の施設基準の要件や、加算の算定に在宅訪問が組み込まれ、地域医療への薬剤師の関わりを推進させる施策が進められている。

てまりグループは、薬局17店舗中13店舗で在宅訪問に取り組み、グループ内の在宅訪問の標準化やターミナルケア対応のための必要機器の準備や情報共有、コンピテンシ―教育など、どの薬局でも対応できるような仕組みを構築。多職種との情報共有や業務効率化などのためのICT機器の活用も取り入れながら、地域医療に関わっていく方法を模索してきた。

本セミナーでは、薬局・介護・福祉事業を経営する「てまりグループ」の薬局薬剤師が実際に取り組んだターミナルケアや看取りの症例を紹介します。また、現場での経験をもとに同社が考える「地域薬剤師のあり方」を紹介します。

*視聴を希望される方は、「お申し込みフォーム」に必要事項を記載いただき、自動返信メールに記載のURLから講演をお楽しみください。

XXX

時間別目次

<木村 雅彦先生(あけぼのファーマシーグループ 代表取締役)>
00:00~02:32「本セミナーの概要 および 演者紹介」

<安田 圭子先生(てまりグループ 株式会社スパーテル 執行役員 薬局部 部長)>
02:33~09:12 「地域包括ケアの中野保険薬局の役割」
09:13~13:31 「調剤報酬の中での多職種との関わりや在宅医療の位置づけ」
13:32~21:51 「てまり薬局での在宅医療の現状」
21:52~26:12 「在宅医療を行うにあたっての取り組み」
26:13~30:10 「多職種との関わり」
30:11~31:35 「薬局DX」
31:36~33:25 「クラウド型電子薬歴(Musubi)の活用」
33:26~35:46 「質問自動送信型調剤後フォローアプリ「ポケットムスビ」の導入と活用事例」
35:47~39:23 「地域の中でのこれからの薬局の取り組み」
39:24~40:21 「まとめ」

<木村 雅彦先生(あけぼのファーマシーグループ 代表取締役)>
40:22~41:23 「まとめの言葉」

XXX

配信期間

2022年11月30日(水)23:59まで

*今回のオンデマンド配信は、2022年5月15日に開催された 第15回日本緩和医療薬学会、株式会社カケハシ共催のメディカルセミナー17、再配信となります。

*本オンデマンド配信のご視聴いただいても、学会単位の発行などは行われませんので、あらかじめご承知おきください。

*期間中は、好きなお時間に何度でも自由にご視聴いただけます。
​​​​​​​

視聴方法

下記、お申込みフォームからご登録ください。

お申込み完了後、視聴用のページURLをご登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。

 

開催概要

 

配信期間 2022年11月30日(水)23:59まで
会場

オンデマンド配信

 

2022年11月30日(水)23:59まで

*今回のオンデマンド配信は、2022年5月15日に開催された 第15回日本緩和医療薬学会、株式会社カケハシ共催のメディカルセミナー17、再配信となります。

*本オンデマンド配信のご視聴いただいても、学会単位の発行などは行われませんので、あらかじめご承知おきください。
*期間中は、好きなお時間に何度でも自由にご視聴いただけます。

受講料 無料
共催 第15回日本緩和医療薬学会年会/株式会社カケハシ
お問い合わせ 03-6822-4571
備考

薬局経営者・勤務者の方向けセミナーです。一部弊社が対象でないとみなしたお申込者様については、参加をお断りする場合がございます。予めご了承ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
 株式会社カケハシは、本申込書ご記入いただいた内容を下記目的で利用します。
・サービス向上のための情報提供
・両社がそれぞれ開発提供しているサービスの向上、アフターサービスの提供向上、マーケティング、営業活動、統計情報の作成等

スピーカー

木村 雅彦(きむら・まさひこ)先生

あけぼのファーマシーグループ 代表取締役

1984年 東京薬科大学卒業
       4月 筑波大学付属病院薬剤部入局。
1985年 筑波メディカルセンター病院 薬剤部入局。
薬剤師による病棟業務、注射薬混合業務を、全国に先駆けて開始。 病院業務を行いながら、中毒情報センターつくば中毒110番での業務に携わる。

1996年 あけぼの薬局1号店を茨城県常総市に開局。
開局当初より在宅業務を開始し、必要性に駆られ、クリーンベンチを導入して、HPN(在宅高カロリー輸液)の混合調整を開始。現在に至る。
現在、茨城県南西部に、9店舗を経営。

安田 圭子(やすだ・けいこ)先生

てまりグループ 株式会社スパーテル 執行役員 薬局部 部長

1988年3月 北陸大学薬学部 卒業
1988年4月 シオノギ製薬株式会社 入社
1990年~   調剤薬局勤務
2008年6月 株式会社スパーテル入社 現在に至る

お申し込みフォーム

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4