開催終了

「薬局業界の変遷と生き残りをかけた薬局経営戦略」3/22 Web開催

開催日時:2021年3月22日(月)
3月22日、PHCメディコムネットワークス株式会社 と弊社で共催セミナー行います。

セミナー内容

今回は、PHCメディコムネットワークス株式会社でオンライン資格確認プロジェクト プロジェクトマネージャーを務めている松永 錦弥 様からオンライン資格確認に関する以下6点をお話いただきます。

  • オンライン資格確認とは?
  • オンライン資格確認のメリットについて
  • オンライン資格確認の「加速化プラン」について
  • PHCが提案するオンライン資格確認について
  • 「データヘルスケア集中改革プラン」について
  • オンライン資格確認で構築したネットワークを利用した返戻再請求について

また今後、オンライン資格確認から広がる薬局ICT活用に関して、弊社代表の中尾よりお話をさせていただきます。

こんな方におススメのセミナーです。

  • オンライン資格確認に取り組もうと考えている方
  • 薬局のICT化を進めようと考えている方

開催概要

開催日時 2021年3月22日(月) 19:30~21:00
会場 ・オンライン(Web)開催
受講料 無料
プログラム

▼演題:オンライン資格確認と今後の展望(30分程度)

(松永 錦弥様:PHC株式会社 メディコム事業部 マーケティング部 医科プロダクト課 課長)

・PHCが提案するオンライン資格確認について

・「データヘルスケア集中改革プラン」について

・オンライン資格確認で構築したネットワークを利用した返戻再請求について

 

▼演題:薬局業界の変遷と生き残りをかけた薬局経営戦略(30分程度)

(中尾 豊:株式会社カケハシ 代表取締役社長)

・薬局業界の変遷について

・次世代の薬局/薬剤師の在り方について

・薬局経営におけるICT活用について

 

▼対談(20分程度)

主催 PHCメディコムネットワークス株式会社/株式会社カケハシ
備考

【個人情報の取扱いについて】
PHCメディコムネットワークス株式会社および株式会社カケハシは、それぞれ、本申込書ご記入いただいた内容を下記目的で利用します。

 

各企業の個人情報保護方針に従い厳重に取り扱いの上で、電子メール、電話、FAX、郵送等による製品・サービスに関する各種情報提供を含めた営業・マーケティング活動のために利用させていただきます。
各社の個人情報保護方針につきましては下記を参照ください。

スピーカー

松永 錦弥(まつなが・きんや)

PHC株式会社 メディコム事業部 マーケティング部 医科プロダクト課 課長

神奈川県出身。群馬大学大学院にて情報工学専攻。同社入社後、レセコン・電子カルテシステムのプログラム開発に従事。医療機関・保険薬局向け医療ITシステムの商品企画を経て、現職。同社のオンライン資格確認プロジェクトのPJリーダーとして厚労省との折衝窓口も務める。

中尾 豊(なかお・ゆたか)

中尾 豊(なかお・ゆたか)

株式会社カケハシ 代表取締役社長
医療従事者の家系で生まれ育ち、武田薬品工業株式会社に入社。MRとして活動した後、2016年3月に株式会社カケハシを創業。
経済産業省主催のジャパン・ヘルスケアビジネスコンテストやB Dash Ventures主催のB Dash Campなどで優勝。内閣府主催の未来投資会議 産官協議会「次世代ヘルスケア」に有識者として招聘。

導入事例

「もう以前には戻れない」Musubiが変えたチェーン薬局の仕事

Musubiを全ての店舗に導入し、Musubiによる店舗業務のレベルアップを全社的に進めているサエラ薬局。果たして現場ではどのような変化が生まれているのでしょうか?関西で先んじて利用をスタートした今里店・今里北店に伺い、今里北店店長・管理薬剤師の濱田浩子さんと入社3年目の原かんなさんにお話を聞きました。

「地域に根ざした薬局」を続けていくために。Musubiを使いこなす経営者が、次世代に託す想い。

東京と茨城で4店舗を展開する代表取締役の篠原さんは「地域に根ざした薬局」の実現をめざし、『Musubi』を導入しました。そして「対物業務から対人業務へのシフトチェンジを加速させたい」と考え、さまざまな角度から『Musubi』を使いこなしています。 なぜ『Musubi』に決めたのか、具体的にどう活用しているかを伺うなかで、篠原さんが実現したい薬局の姿や、次世代の経営者への想いが見えてきました。

高齢化率40.4%の佐渡島=日本の地域医療の未来。Musubiとともに、薬局の未来を切り開く。

新潟県と佐渡島で6店舗を経営するさど調剤グループの光谷さん。「超高齢化社会を迎えた佐渡の現在は、日本のちょっと先の未来の姿なのかもしれない」という光谷さんは、離島の薬局経営のあり方をMusubiを活用しながら模索しています。紙薬歴から切り替えたことで起こった、患者さんに対してのコミュニケーションの変化と、これからの時代を生き抜く薬局経営へのたしかな手ごたえについて語ってくれました。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4