開催終了

人気セミナー再配信「薬剤師の臨床的価値の創造と見える化」シリーズ第2回~薬剤師の臨床業務のアクションの見える化~ 3/2 Web開催

開催日時:2021年3月2日(火)
2020年12月に開催されたセミナーの再配信となります。
薬剤師であり経営者の篠原先生の講演をお伝えします。

セミナー内容

薬局経営に携わっている薬剤師の方々や、調剤チームを取りまとめている薬剤師の方々に対してのセミナーです。

臨床的な価値創造と経営の見える化に加え、マネジメントについてスポットライトを当てた内容となっており、第2回目は「薬剤師の臨床業務のアクションの見える化」をテーマに、フローラ薬局の篠原先生をお招きしお話をさせていただきます。

従業員の適切な評価の秘訣は、評価基準の数値化にありました。
従業員が定着しない理由の1つが、評価が透明化されていないことにあると言われております。

その解決法の一つとして、評価基準を数値化し、評価者も被評価者も納得できる体制を構築するというアプローチがあります。

ただ、薬局業務はそれぞれの業務を数値化するが難しいという悩みを持たれている方も多いのではないでしょうか。

対物業務から対人業務へと変化する薬剤師業務においてその変化と、患者さんのための薬局ビジョンや、薬局の働き方改革まで、フローラ薬局での経営改革の取り組みを語っていただきます。


薬剤師の臨床業務のアクションの見える化においては、今後、薬剤師から医師への服薬情報提供が鍵になることから、ハイリスク薬・糖尿病薬をメインに、残薬発見から医療機関等へのフィードバックの記録、継続フォローまで、具体例とともにご紹介させていただきます。


さらに、経営理念に基づく人事制度や評価、経営マネジメントの方法、Musubiを活用した薬歴管理、経営分析についても語っていただきます。


薬剤師の業務の変化と経営マネジメントにおいて、明日から取り組める内容となっております。ぜひご参加ください。

全3回シリーズの第2回目の再配信セミナーとなります。

こんな方におススメのセミナーです。

  • 月30回以上のコミュニケーションをどのようにすべきか悩まれている方
  • トレーシングレポートの質を上げたいと考えている方
  •  患者さんとの会話のきっかけをつかみたい方
  • 薬局マネジメントを改善したいと考えている方
  • 現場の生産性を数値により指標化したい方

開催概要

開催日時 2021年3月2日(火) 19:30~21:00
会場 オンライン(Web)開催
受講料 無料
主催 株式会社フローラ/株式会社カケハシ
お問い合わせ 03-6822-4571
備考

薬局経営者・勤務者の方向けセミナーです。一部弊社が対象でないとみなしたお申込者様については、参加をお断りする場合がございます。予めご承知おきください。

 

【個人情報の取扱いについて】
株式会社フローラおよび株式会社カケハシは、それぞれ、本申込書ご記入いただいた内容を下記目的で利用します。
・サービス向上のための情報提供
・両社がそれぞれ開発提供しているサービスの向上、アフターサービスの提供向上、マーケティング、営業活動、統計情報の作成等

スピーカー

篠原 久仁子(しのはら・くにこ)

1985年 東京薬科大学 薬学部 卒業 
1987年 東京薬科大学 薬学部大学院 医療薬学専攻修士課程終了
1987年 東京 立川相互病院 勤務
1994年 帝京大学 薬学部 医薬情報室 
1996年 茨城県にて、フローラ薬局開設
2010年4月 東京薬科大学客員教授に就任
2011年3月 昭和大学大学院博士後期課程修了、薬学博士学位取得
2015年5月 東京薬科大学附属社会医療研究所教授に就任
2019年7月 薬局 恵比寿ファーマシー 代表取締役 兼任

認定薬剤師、専門薬剤師資格:
茨城糖尿病療養指導士(茨城CDE)、
くすりと糖尿病学会認定 糖尿病薬物療法 認定薬剤師、
認定実務実習指導薬剤師、簡易懸濁法認定指導薬剤師、
OTC薬、プライマリケアを対象とする薬剤師の臨床判断ワークショップ認定指導者 (007)、健康サポート薬局研修終了薬剤師

中尾 豊(なかお・ゆたか)

中尾 豊(なかお・ゆたか)

株式会社カケハシ 代表取締役社長
医療従事者の家系で生まれ育ち、武田薬品工業株式会社に入社。MRとして活動した後、2016年3月に株式会社カケハシを創業。
経済産業省主催のジャパン・ヘルスケアビジネスコンテストやB Dash Ventures主催のB Dash Campなどで優勝。内閣府主催の未来投資会議 産官協議会「次世代ヘルスケア」に有識者として招聘。

導入事例

「地域に根ざした薬局」を続けていくために。Musubiを使いこなす経営者が、次世代に託す想い。

東京と茨城で4店舗を展開する代表取締役の篠原さんは「地域に根ざした薬局」の実現をめざし、『Musubi』を導入しました。そして「対物業務から対人業務へのシフトチェンジを加速させたい」と考え、さまざまな角度から『Musubi』を使いこなしています。 なぜ『Musubi』に決めたのか、具体的にどう活用しているかを伺うなかで、篠原さんが実現したい薬局の姿や、次世代の経営者への想いが見えてきました。

高齢化率40.4%の佐渡島=日本の地域医療の未来。Musubiとともに、薬局の未来を切り開く。

新潟県と佐渡島で6店舗を経営するさど調剤グループの光谷さん。「超高齢化社会を迎えた佐渡の現在は、日本のちょっと先の未来の姿なのかもしれない」という光谷さんは、離島の薬局経営のあり方をMusubiを活用しながら模索しています。紙薬歴から切り替えたことで起こった、患者さんに対してのコミュニケーションの変化と、これからの時代を生き抜く薬局経営へのたしかな手ごたえについて語ってくれました。

「薬歴地獄から解放された」と語る2店舗経営者が、Musubiと向かう、次のステージ。 (1)

横浜と都内に2店舗を構える、株式会社ON THE ROAD。創業18年目を迎えた岩倉社長は、地域の一番店をめざすために「Musubiのない薬局経営は、ありえない」と語ります。10年使った電子薬歴からの転換、現場スタッフの葛藤。そして、Musubiを導入して数年経った今、見えている景色について伺いました。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4