Musubi導入事例

「新人向け」に見えたMusubiを、ベテラン薬剤師が導入した理由とは?

岡村薬局 代表取締役 岡村俊子さん
岡村薬局は大阪府吹田市で1930年から営業を続ける老舗薬局。一度はMusubi導入を見送ったものの、患者さまによりきめ細やかなサポートを提供するためには薬歴作成、服薬指導の充実が必須と感じ、導入を決定した代表取締役の岡村俊子さん。導入1カ月後のMusubiの魅力についてお話を伺いました。

大阪・吹田で90年、地域が笑顔になる「健康の駆け込み寺」として

岡村薬局は1930年に主人の祖父が創業した薬局で、私が4代目。内科からの処方箋応需を中心に、眼科、整形外科など多くの診療科の患者さまにご来局いただいています。長くこの地で営業を続けているので、昔からご家族で来てくださっている方も多く、”地域密着”でやらせてもらっています。

昔から大切にしているのが、処方箋や薬という枠を超えた患者さまの健康サポート。特に高齢の患者さまからは健康や生活の相談を受けることが多く、処方に限らない「健康の駆け込み寺」のように思ってくださっている方もいらっしゃるようです。

毎月、一般の方向けの健康講座も開催しており、医療と地域の方々の距離を近づけていくような活動を続けています。病気ではない方、健康にまだ興味がない方でも、薬局に入りやすくなるようにしたいんです。ちょっと楽しいというか、笑顔になって帰ってもらえるようなウキウキする部分がつくれたらと思って。ここに置いている化粧品やお菓子もそのひとつです。大阪の方は「飴ちゃん」好きな方が多いですし。薬局でのイベントも、最近はお花屋さんとコラボしたり、ミニコンサートを企画したりと、新しい形を模索しています。

1930年創業。文字通り、地域の健康を支えてきた岡村薬局。

二度目の決意。服薬指導の「当たり前」をきちんと形に残すために

最初は「これは新人薬剤師向けのシステム?」と思ったんです。Musubiに表示される薬の説明もオーソドックスなものに見えて。うちの薬剤師は経験豊富なベテランが多いので、このくらいは当たり前に説明できているはずだし、薬歴にも残せている。わざわざシステムを切り替える必要があるのかなと。

しかし改めて自分の書いた薬歴を見返すと、「変わりなし」という記載が多いんですね。うちはお付き合いの長い患者さまが多いので、体調のことから生活のことまで、お話している内容は多いのです。しかしそのぶん薬歴に使える時間が少なくなり、聞き取った内容を薬歴に残せていなかった。薬歴を書くための残業もありましたね。以前から電子薬歴を使ってはいましたが、閉店後の1時間くらいは薬歴を書くために使っていました。また薬の説明についても、たとえばハイリスク薬など、なにか重要なことを伝え忘れているのではないかという不安がどこかにありました。

このように、だんだんと自分たちの薬歴に対する課題に気づくことができ、最初は不要だと思ったMusubiの価値を再び意識するようになりました。Musubiの導入で薬歴作成の負担を軽減すれば、患者さまが話したことの記録に時間を割けるようになる。薬歴記入の効率化だけでなく、薬歴の充実、服薬指導の充実につながる。そう考えて、導入を決意しました。

Musubiの操作にも、すぐ慣れることができたそう。

自然な会話の中で薬歴作成。イラスト付き指導文で理解度向上効果も

まず、導入後3日で「これは早い!」と感じましたね。服薬指導と同時に薬歴が作られていくので、患者さまが帰られてから聞き取ったことを書き足せばすぐに完了します。実際、薬歴にかかる時間は導入前の1/3くらいになっていると思います。Musubiを導入してまだ1カ月ほどですが、もうすでに残業がなくなりました。

イラスト付きの健康アドバイスが、患者さんとの会話を後押し。

初めて見たときに新人薬剤師向けだと思ったMusubiの服薬指導についても、実際に使い始めてみると予想以上の効果がありました。服薬指導は、患者さまが家に帰って実践できるレベルまで理解していただける内容でなければいけません。薬剤師が長々としゃべっても、患者さまが重要なポイントを理解できていなければ意味がない。その点、Musubiに表示される指導文は端的なワンフレーズで書いてありますし、健康アドバイスにはイラストもついているでしょう? 患者さまの記憶に残りやすいと思います。また、文章の表現も温かみのあるものになっているので、安心して患者さまにお見せすることができています。

タッチだけで入力でき、服薬指導中も患者さまから目線を外さずにお話できるもの良いですね。薬剤師がコンピューターばかり見ていると患者さまとの間に壁ができてしまうので、自然にお話をしながら使えるという点はとても魅力的だと思います。

今後は、患者さまの生活指導に関わる内容がさらに充実していくことを期待しています。健康的な食事レシピや減塩対策など、患者さまがお家に帰ってすぐに実践できるような栄養指導が増えてくると嬉しいですね。今後のアップデートに期待しています。

更新日:2020/8/12

そのほかの事例を読む

高齢化率40.4%の佐渡島=日本の地域医療の未来。Musubiとともに、薬局の未来を切り開く。

新潟県と佐渡島で6店舗を経営するさど調剤グループの光谷さん。「超高齢化社会を迎えた佐渡の現在は、日本のちょっと先の未来の姿なのかもしれない」という光谷さんは、離島の薬局経営のあり方をMusubiを活用しながら模索しています。紙薬歴から切り替えたことで起こった、患者さんに対してのコミュニケーションの変化と、これからの時代を生き抜く薬局経営へのたしかな手ごたえについて語ってくれました。

「薬歴地獄から解放された」と語る2店舗経営者が、Musubiと向かう、次のステージ。 (1)

横浜と都内に2店舗を構える、株式会社ON THE ROAD。創業18年目を迎えた岩倉社長は、地域の一番店をめざすために「Musubiのない薬局経営は、ありえない」と語ります。10年使った電子薬歴からの転換、現場スタッフの葛藤。そして、Musubiを導入して数年経った今、見えている景色について伺いました。

調剤薬局チェーンが挑む、薬歴の標準化。サエラ薬歴プロジェクト

大阪に本社を構え関西・関東に68店舗を展開するサエラ薬局。全店にMusubiを導入し、薬歴のクオリティの底上げを目指した全社的な取り組みを推進されています。プロジェクトリーダーの矢羽田和哉さん、今中直輝さん、林大佑さん、鈴木樹里さんにお集まりいただき、その活動を振り返る座談会を開催しました。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4