Musubi導入事例

若手薬剤師に服薬指導の自信を。Musubiがもたらす「引き出し」

日の出薬局 薬剤師 千葉 勇斗さん
地域密着型の薬局として神奈川県横須賀市に店舗を構える日の出薬局。こちらで2018年4月から働く千葉さんは薬剤師2年目の若手スタッフ。服薬指導支援ツールとしてのMusubiは、初めて投薬台に立つ薬剤師にとってどのような存在なのか。お話を伺いました。

在宅も外来もきめ細やかにフォロー。地域に密着した薬局づくり

日の出薬局では、近隣のクリニックからの処方箋対応のほか、特に在宅医療に力を入れています。私も、超高齢化社会に対する課題意識やプライベートでの体験から「在宅医療に力を入れている薬局」を志望し、日の出薬局を選んだ一人。今年で2年目になります。

外来では同じビル内にある泌尿器科クリニックからの処方箋も多いですが、駅前という立地もあり、さまざまな診療科からの処方箋を応需しています。在宅に関しては、各薬剤師がそれぞれ個人の患者さまを担当しながら施設在宅にも対応しており、私は週1回の施設在宅を担当しています。

タップするだけで薬歴入力。患者さまからの信頼獲得を支える薬歴へ

電子薬歴としてのMusubiのメリットは、やはりタップするだけで薬歴が入力できることですね。Musubiでは患者さまにお話ししたことをタップしておけば必要な情報が下書きとして自動生成され、あとは服薬指導後に患者さま自身がお話されたことや、会話のなかで気づいたポイントを追記するだけで、充実した薬歴を残すことができます。私自身キーボード入力が苦手なので、薬歴の大部分を自動で作成してくれることに大きなメリットを感じています。未記入の薬歴がたまることもほとんどなくなりました。

改めて実感しているのは、薬歴が、患者さまとの信頼関係の構築に果たす役割の大きさ。短い服薬指導時間の中で、いかに患者さまに信頼していただくか。普段からこれを自分の目標として意識しているのですが、やはり重要なのは薬歴なんです。服薬指導のときに「前回はこうでしたが、その後いかがですか?」という一言を入れることで、“薬剤師が自分の体調をフォローしてくれている”ということを患者さまに感じていただくことができる。この小さな一言が、薬剤師個人に対する信頼を深める大きなきっかけになるんだと思います。

その意味で、薬歴に残っている具体的な検査値や患者さまからの訴えは、単なる記録ではなく、次回の服薬指導を充実させるための重要な情報だと考えるべきだと思うんです。Musubiによって薬歴の大部分が自動で作成され、おかげで私たち薬剤師は患者さまから聞き取った情報の記録に集中できるようになったわけですが、その効果は非常に大きいと感じています。

服薬指導に自信を持たせてくれるMusubi。学習ツールとしての一面も。

薬剤師として患者さまの前に立つ以上、自分の服薬指導が患者さまの健康に与える影響の大きさとそのリスクについては常に意識しています。薬についての勉強は欠かさないようにしていますが、それでも患者さまのことを考えると自分のお話する内容により強い確信がほしいと思うことも少なくありません。そんなとき、Musubiの画面に自分がお話しようとしていることが表示されると、「この内容で大丈夫だ」と安心できるんですよね。めったに扱わない薬をお渡しするときなど、特にMusubiの服薬指導コンテンツに助けられています。

他にも、小児のお薬を親御さんにご説明する際にも役立っています。小児のお薬では、飲ませ方や苦味を抑える方法など、大人への服薬指導と違う点が数多くありますよね。しかも教科書や添付文書では勉強できない「ひと工夫」的なポイントがとても重要。ベテランの薬剤師であればこうした指導の「引き出し」を多く持っていると思うのですが、私のような若手にとっては、Musubiに表示される“ワンポイントアドバイス”が、その「引き出し」の代わりになっているんです。

また、Musubiには薬剤師の学習ツールとしての側面もあると感じています。Musubiには服薬指導で重要なポイントや患者さまへのアドバイスが表示されるわけですが、普段扱わない薬の処方がきた際など、その表示をきっかけに自分で添付文書やインタビューフォームを調べることが多々あります。若手の薬剤師には、業務を通じた継続的な学びが不可欠。普段の仕事の中で重要な情報を自然と吸収していくことのできるMusubiは、薬剤師としてより高いレベルを目指していく上でも、とても貴重なサポートをしてくれていると思います。

更新日:2020/3/5

そのほかの事例を読む

データに基づく業務改善により、サービスの質で選ばれる薬局へ

ワカバ株式会社 代表取締役専務 水越正高さん、みどり薬局富士見店 管理薬剤師 一瀬圭一朗さん│山梨県に「みどり薬局」を3店舗展開するワカバ株式会社は、薬歴業務の負担軽減と服薬指導のクオリティ向上を目的にMusubiを導入。現在は健康アドバイスをはじめとしたMusubiの各種コンテンツの積極活用やMusubiで自動集計されるデータをもとにした業務改善により、薬局サービスのさらなるレベル向上に取り組んでいます。Musubiによって生まれた変化について、代表取締役専務の水越正高さんと、富士見店 管理薬剤師の一瀬圭一朗さんに伺いました。

Musubiが先服薬指導のきっかけに。薬歴の負のスパイラルを抜け、薬剤師業務の再構築へ

第一薬局 医大前店 山﨑 大典さん│和歌山県に12店舗を展開する第一薬局。和歌山県立医科大学附属病院に隣接する医大前店では、従来から課題となっていた薬歴記載の負担を軽減すべくMusubiを導入。利用開始からわずか1ヶ月にして薬歴による残業はゼロに、そして先服薬指導をはじめとした業務プロセスの再構築にも着手されています。

「本当にやるべき仕事」に向き合える体制づくりで、薬剤師のやりがいも向上

山口薬品 代表 山口仁さん、太田貴之さん、安齋凛子さん、白幡卓也さん│福島県内で6店舗の薬局を構える山口薬品株式会社。「身近な健康ステーション」をテーマに、調剤業務だけでなく、地域の方を招き健康に関する知識をお届けする「健康フェア」や、患者さまのご自宅に薬を届ける宅配サービスも行なっています。2019年4月よりMusubiを全薬局で導入。薬歴記入の時間が短縮され、服薬指導や在宅対応など患者さまと向き合う時間を作れるようになったそう。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4