【ユーザー登壇セミナー】選ばれ続ける薬局になるために行っていること 1/25 Web開催

こんな方におススメのセミナーです。

  • 今よりも患者さんとの接点を持ちたいと考えている方
  • 地域医療機関からの紹介を受ける方法を模索している方
  • 既存患者に再度来局していただくための方法を知りたい方

セミナー内容

いよいよ今年4月に調剤報酬改定が迫っておりますが、調剤報酬改定に依存しない経営方針を打ち出す薬局も出てきています。

本講演では、調剤報酬改定に左右されない薬局経営を目指し、新規患者の集患を行うという手法だけではなく、既存患者様との接点を増やすことに挑戦し、「患者さんに選ばれる薬局」を目指している、2名の薬局経営者をお迎えします。

「患者さんに選ばれ続ける薬局」になるために、既存患者様に日々どのような活動を行っているのか、活動を行う上での優先順位はどのように決定しているのか、日々の活動から見えてきた、数々の事例を基にご講演いただきます。選ばれ続ける薬局になるために、「何を優先」すべきなのか、そのヒントが隠れているセミナーとなっております。

ぜひご参加ください。


 

開催概要

開催日時 2022年1月25日(火) 19:30 ~ 21:00
会場 オンライン(Web)開催
受講料 無料
プログラム

⓪演者ご紹介 19:30-19:35

①鈴木様ご講演 19:35-20:10

②馬場様ご講演 20:10-20:45

③質疑応答 20:45-

共催 株式会社カケハシ
お問い合わせ 03-6822-4571
備考

薬局経営者・勤務者の方向けセミナーです。一部弊社が対象でないとみなしたお申込者様については、参加をお断りする場合がございます。予めご了承ください。

 

【個人情報の取扱いについて】株式会社カケハシは、それぞれ、本申込書ご記入いただいた内容を下記目的で利用します。
・サービス向上のための情報提供
・両社がそれぞれ開発提供しているサービスの向上、アフターサービスの提供向上、マーケティング、営業活動、統計情報の作成等

スピーカー

鈴木 雅基 氏(すずき・まさき)

株式会社エムシード 代表取締役
福島県いわき市出身。大学卒業後、エーザイ株式会社にてMR職、特約店担当職を経験。その後、新潟県の医薬品卸に転職し、2018年3月より㈱エムシードの取締役に就任。【薬局】×【医薬品卸】×【製薬会社】という経歴、視点から薬局における課題を経営側として直に体感し、患者さん視点での課題解決する仕組み作りに取り組んでいる。

馬場 祐樹(ばば・ゆうき)

大学卒業後、合名会社水野(水野薬局@東大前)で薬剤師として勤務。東日本大震災のボランティアを契機に地元の福島県会津若松市に戻ることを決め、2013年~現所属。2020年に創業者の父親から代表取締役(2代目)を引き継いで、会津若松市内で6薬局を運営。スタッフが働きやすく患者さんにとっても役に立つ薬局作りと地方の人手不足の間で奮闘中。

お申し込みフォーム

導入事例

業務効率化も、トレーシングレポート枚数増も実現。Musubi導入から使いこなすまで、1年間の記録。

患者さんの満足度を向上したい。石川県にあるてまりグループの薬局では、Musubiを導入した結果、薬歴記載時間の短縮などの業務効率化に成功し、生まれた余裕を使ってトレーシングレポートの枚数増を実現するなど、理想の薬局に一歩一歩近づいてきました。Musubi導入~導入1年後までにどんな変化が起こったか。その歩みを伺いました。

400年続く老舗企業が、Musubiを全店一斉導入した理由。

服薬指導を中心に、標準化しつつ高い服薬指導レベルを目指したい。石川県で400年に渡り「地域のくすり屋」としてドラッグストアや調剤薬局を営んできた株式会社コメヤ薬局。副社長の長基さんは、薬歴業務や服薬指導の質をグループ全体で向上し、標準化させたいという思いから、以前の電子薬歴のリース期間が残っているなかでMusubiの全店舗一斉導入を実施。その決断に至った理由には、いち薬剤師として、経営者としての想いがありました。

「もう以前には戻れない」Musubiが変えたチェーン薬局の仕事

Musubiを全ての店舗に導入し、Musubiによる店舗業務のレベルアップを全社的に進めているサエラ薬局。果たして現場ではどのような変化が生まれているのでしょうか?関西で先んじて利用をスタートした今里店・今里北店に伺い、今里北店店長・管理薬剤師の濱田浩子さんと入社3年目の原かんなさんにお話を聞きました。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4