患者さんを「脱落させない」薬局がやっている、たった1つのこと。

患者さんを「脱落させない」薬局がやっている、たった1つのこと。無料ダウンロード

2021/07/20

患者さんを「脱落させない」薬局が、変化を生き抜く時代へ。

調剤薬局を取り巻く環境は、大きく変わってきています。
2020年からはじまった服薬期間中フォローの義務化、2022年には電子処方箋の開始や調剤報酬改定も迫っているなかで、薬局経営者は何を継続し、あるいは何を辞めるべきか……選択と集中が求められています。

電子薬歴をはじめとした薬局経営支援システム『Musubi』は2017年のリリース以来、店舗規模に関わらずたくさんの薬局経営者のお話を伺い、『Musubi』の機能を育ててきました。
そのなかで「患者さんとの関係性を強化し、脱落を防ぐことで、結果として売上貢献に寄与する考え方」があることを特定し、これをPRM(Patient Relationship Management:患者関係性管理)と呼ぶことにしました。PRMは薬局経営者これからの時代の変化に対応しながらも、薬局がかつてより持つ「患者さんと向き合い、地域の医療に貢献する」という役割をより加速させられるのではないかと考えています。

本稿では、昨今の調剤薬局経営に関するトレンドの変化と予測を解説したうえで、PRMに関する基本的な考え方とメリット、『Musubi』を活用した具体的な実践方法(本稿では服薬期間中フォローが中心です)と、すでに実践されている薬局経営者の声をご紹介します。

目次

  • 調剤薬局経営に訪れる、 2つの「シビアな未来予想図」
  • 患者さんとの関係性に注目した『PRM』という考え方
  • 『Musubi』で患者さんの脱落を防ぐなら、こんなふうに(服薬期間中フォロー篇)

導入事例

高齢化率40.4%の佐渡島=日本の地域医療の未来。Musubiとともに、薬局の未来を切り開く。

新潟県と佐渡島で6店舗を経営するさど調剤グループの光谷さん。「超高齢化社会を迎えた佐渡の現在は、日本のちょっと先の未来の姿なのかもしれない」という光谷さんは、離島の薬局経営のあり方をMusubiを活用しながら模索しています。紙薬歴から切り替えたことで起こった、患者さんに対してのコミュニケーションの変化と、これからの時代を生き抜く薬局経営へのたしかな手ごたえについて語ってくれました。

「薬歴地獄から解放された」と語る2店舗経営者が、Musubiと向かう、次のステージ。 (1)

横浜と都内に2店舗を構える、株式会社ON THE ROAD。創業18年目を迎えた岩倉社長は、地域の一番店をめざすために「Musubiのない薬局経営は、ありえない」と語ります。10年使った電子薬歴からの転換、現場スタッフの葛藤。そして、Musubiを導入して数年経った今、見えている景色について伺いました。

調剤薬局チェーンが挑む、薬歴の標準化。サエラ薬歴プロジェクト

大阪に本社を構え関西・関東に68店舗を展開するサエラ薬局。全店にMusubiを導入し、薬歴のクオリティの底上げを目指した全社的な取り組みを推進されています。プロジェクトリーダーの矢羽田和哉さん、今中直輝さん、林大佑さん、鈴木樹里さんにお集まりいただき、その活動を振り返る座談会を開催しました。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4