「医療貢献と薬局経営を両立する患者コミュニケーションとは?」無料ダウンロード

2020/11/13

患者目線のアプローチで薬局経営を改善する。

「処方日数から予想される来局予定日からいつも数日ずれて来局する」
「そういえば最近顔を見ていないな」̶̶そんな患者さんはいませんか?

アドヒアランスの不良が患者さんの治療に影響することはもちろんですが、それが積み重なると数千万円規模の機会損失につながり得ます。

これからは人口が減り患者さんが薬局を選ぶ時代。患者数が増えない以上、企業として成長するには一人ひとりの患者さんに繰り返し利用していただき、売上を最大化する取り組みが不可欠です。患者さん一人ひとりにきめ細かく関わり、アドヒアランスを高め治療からの離脱を防ぎ、関係性を築きながら責任をもって向き合う。そんな薬局への一歩を踏むための機能がMusubi の「健康アドバイス」。

本資料では、健康アドバイスとその活用によるアドヒアランスの向上と売上最大化について、詳しくご紹介します。

目次

  • 薬局の売上を最大化するためにはアドヒアランス向上を避けて通れない
  • 薬局の服薬指導でアドヒアランスを高めるには
  • 知識と関心の2 軸で見るアドヒアランスへのアプローチ

導入事例

Musubiが先服薬指導のきっかけに。薬歴の負のスパイラルを抜け、薬剤師業務の再構築へ

第一薬局 医大前店 山﨑 大典さん│和歌山県に12店舗を展開する第一薬局。和歌山県立医科大学附属病院に隣接する医大前店では、従来から課題となっていた薬歴記載の負担を軽減すべくMusubiを導入。利用開始からわずか1ヶ月にして薬歴による残業はゼロに、そして先服薬指導をはじめとした業務プロセスの再構築にも着手されています。

「本当にやるべき仕事」に向き合える体制づくりで、薬剤師のやりがいも向上

山口薬品 代表 山口仁さん、太田貴之さん、安齋凛子さん、白幡卓也さん│福島県内で6店舗の薬局を構える山口薬品株式会社。「身近な健康ステーション」をテーマに、調剤業務だけでなく、地域の方を招き健康に関する知識をお届けする「健康フェア」や、患者さまのご自宅に薬を届ける宅配サービスも行なっています。2019年4月よりMusubiを全薬局で導入。薬歴記入の時間が短縮され、服薬指導や在宅対応など患者さまと向き合う時間を作れるようになったそう。

在宅×Musubiで、薬剤師“だからこそ”できる仕事を

つなぐ薬局 取締役 薬剤師 山内伴紀さん│2016年6月に千葉県柏市にて創業し、Musubiをリリース当初より活用されているつなぐ薬局。薬剤師の真価が発揮される本質的な業務に集中したいとの思いから在宅医療に特化した薬局の設立を決めたという、取締役 薬剤師の山内伴紀さん。なぜMusubiに共感し、またどのように現場で活用されているのか、お話を伺いました。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4