1分de薬局紹介

けい薬局|合同会社クローバー

福岡市で1店鋪を経営する「けい薬局」。健康サポート薬局の認定を取得し、地域医療の相談の場づくりを積極的に推進中です。門前からの処方箋も多いのと同時に、健康相談などを引き受けています。
〒811-1356 福岡県福岡市南区花畑3丁目33-10

けい薬局の特徴

・門前の外科からの来患はもちろん、患者さんの30%は近隣の大学病院から処方箋をお持ちになっています
・地域密着型の薬局をめざし、処方箋受付以外にも、近隣の健康相談なども多数引き受けています
・隔月で「女性のための健康カフェ」を実施。代表と同世代の40~50代女性の健康を支援したいという想いがあります

 

   

けい薬局の企業理念

薬剤師は薬局にとどまらず、多職種の交流を積極的にしていきたいと考えています。地域のドクター、ナース、ケアマネジャーをはじめ、福岡を飛び出して全国の医療者と関わっていくことで、患者さんのためにできることを、ひとつひとつ重ねていきたいという思いで、薬局を運営しています。

 

けい薬局で働く薬剤師の人数

・薬剤師3名

 

求める人物像

・勇気をもって薬局の外に飛び出せる方

※現在は募集は行っておりません

更新日:2021/4/28

そのほかの事例を読む

業務効率化も、トレーシングレポート枚数増も実現。Musubi導入から使いこなすまで、1年間の記録。

患者さんの満足度を向上したい。石川県にあるてまりグループの薬局では、Musubiを導入した結果、薬歴記載時間の短縮などの業務効率化に成功し、生まれた余裕を使ってトレーシングレポートの枚数増を実現するなど、理想の薬局に一歩一歩近づいてきました。Musubi導入~導入1年後までにどんな変化が起こったか。その歩みを伺いました。

400年続く老舗企業が、Musubiを全店一斉導入した理由。

服薬指導を中心に、標準化しつつ高い服薬指導レベルを目指したい。石川県で400年に渡り「地域のくすり屋」としてドラッグストアや調剤薬局を営んできた株式会社コメヤ薬局。副社長の長基さんは、薬歴業務や服薬指導の質をグループ全体で向上し、標準化させたいという思いから、以前の電子薬歴のリース期間が残っているなかでMusubiの全店舗一斉導入を実施。その決断に至った理由には、いち薬剤師として、経営者としての想いがありました。

「もう以前には戻れない」Musubiが変えたチェーン薬局の仕事

Musubiを全ての店舗に導入し、Musubiによる店舗業務のレベルアップを全社的に進めているサエラ薬局。果たして現場ではどのような変化が生まれているのでしょうか?関西で先んじて利用をスタートした今里店・今里北店に伺い、今里北店店長・管理薬剤師の濱田浩子さんと入社3年目の原かんなさんにお話を聞きました。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4