プレスリリース
2021/09/08

株式会社カケハシが「Musubi AI在庫管理」を提供開始

株式会社カケハシ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中尾 豊、代表取締役CEO: 中川 貴史、以下、当社)は、薬局の業務効率化と医薬品の欠品・在庫リスクの軽減支援を目的に、本日より「Musubi AI在庫管理」(以下、AI在庫管理。特許出願中:出願番号 特許PK36-0005、PK36-0009、PK36-0010)の提供を開始しました。



AI在庫管理は、AIによる高精度の患者来局予測や独自コードによる医薬品在庫管理等に基づく半自動発注および店舗間在庫融通といった機能を有する、薬局向けのクラウド型在庫管理・発注システムです。
株式会社Pharmarket(本社:東京都中央区、代表取締役:髙山 仁)が提供する医薬品二次流通サービス「Pharmarket」(以下、Pharmarket)と連携のうえ、AI在庫管理が不動在庫を自動的に検知し医薬品売却の簡易見積を可能にする「らくトク売却」機能(2022年提供開始予定)を無料オプション提供することで、薬局の在庫管理・発注にかかわる総合的な課題解決を推進します。

●背景
薬局にストックされている医薬品には、患者さんの症状の変化に応じた処方内容の変更や治療の終了などにより、使用期限を迎えて廃棄されるリスク(年間約280億円)(※1)が存在しており、調剤予定のない不動在庫は薬局の経営課題の一つに挙げられています。従来型の在庫管理・発注システムには在庫管理に適したコード体系がなく、適切な需要予測の難易度が高いことから薬剤師の勘と経験に依存した発注オペレーションが主流となっており、経営効率化の余地を多分に残しています。
薬局の在庫管理・発注にかかわる総合的な課題解決を目指すAI在庫管理を提供することで、AI技術を駆使した薬局DXを推進し、薬局の経営改善と患者満足の向上に貢献します。

(※1)厚生労働省「令和2年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査(令和2年度調査)の報告案について」より算出
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000771431.pdf

●概要
AI在庫管理はクラウド型の在庫管理・発注システムです。プランは「Musubi AI在庫管理ベーシックプラン」、およびPharmarketと連携した「Musubi AI在庫管理 らくトク売却プラン」の2プランとなります。
本サービスは薬局体験アシスタント「Musubi」(以下、Musubi)のオプションサービスですが、当社が提供する別機器の設置によってMusubiの有無にかかわらず利用が可能となります。また、2022年3月末までの申し込みで、各種割引キャンペーンが適用されます。

【料金プラン】AI在庫管理リリース記念キャンペーン価格



キャンペーンの詳細は、下記より担当者にお問い合わせください。
AI在庫管理リリース記念キャンペーン https://musubi.kakehashi.life/ai-zaiko

※ 本キャンペーンの対象は、「Musubi AI在庫管理ベーシックプラン」「Musubi AI在庫管理 らくトク売却プラン」を2022年3月末までに申し込み、9月末までに利用開始したユーザーとなります。
※「Musubi AI在庫管理 らくトク売却プラン」に申し込み、AI在庫管理経由で医薬品を1回売却した場合、無料期間が半年間延長します(最大2年間)。
※ キャンペーンの対象は1法人10店舗まで、先着合計1,000店舗です。
※ サービスの利用期間は1年間、以降自動更新となります。
※ Musubi未導入薬局へのサービス提供は、2021年11月開始となります。

1. Musubi AI在庫管理ベーシックプラン
Musubi AI在庫管理を単独で利用するプランです。AI在庫管理は①独自コードによる在庫管理、②AIによる高精度の来局予測に基づく半自動発注、③店舗間在庫融通、④患者毎の処方情報と来局予測の管理、⑤受発注・在庫状況に関わる各種レポート閲覧機能等を有する在庫管理・発注サービスとなります。(※2)
これまで人的オペレーションに依存していた内容を半自動化することで、「誰でも」「より簡単に」「より適切な」発注・在庫管理が可能となります。

(※2)③および⑤は近日中に追加予定の機能となります。

2. Musubi AI在庫管理+らくトク売却プラン
AI在庫管理とPharmarketがシームレスに連携したプランです。本プラン加入で、不動在庫期間に応じて売却医薬品をレコメンド、ボタン1つで売却見積の取得が可能となります。本プラン加入者は①Pharmarketでの買取価格を15%アップ(※3)、②買取時の送料を着払い、③医薬品の購入価格の特別値引の特典が受けられます。
なお、らくトク売却機能は本日から予約開始し、2022年からサービス提供開始を予定していますが、特典は申込時点よりPharmarketにて適用されます。
(※3)Pharmarketの買取実績から計算した買取平均は35%(対薬価比)であるところ、買取平均50%(対薬価比)を目標値として買取利率を一律15%アップします。

導入事例

業務効率化も、トレーシングレポート枚数増も実現。Musubi導入から使いこなすまで、1年間の記録。

患者さんの満足度を向上したい。石川県にあるてまりグループの薬局では、Musubiを導入した結果、薬歴記載時間の短縮などの業務効率化に成功し、生まれた余裕を使ってトレーシングレポートの枚数増を実現するなど、理想の薬局に一歩一歩近づいてきました。Musubi導入~導入1年後までにどんな変化が起こったか。その歩みを伺いました。

400年続く老舗企業が、Musubiを全店一斉導入した理由。

服薬指導を中心に、標準化しつつ高い服薬指導レベルを目指したい。石川県で400年に渡り「地域のくすり屋」としてドラッグストアや調剤薬局を営んできた株式会社コメヤ薬局。副社長の長基さんは、薬歴業務や服薬指導の質をグループ全体で向上し、標準化させたいという思いから、以前の電子薬歴のリース期間が残っているなかでMusubiの全店舗一斉導入を実施。その決断に至った理由には、いち薬剤師として、経営者としての想いがありました。

「もう以前には戻れない」Musubiが変えたチェーン薬局の仕事

Musubiを全ての店舗に導入し、Musubiによる店舗業務のレベルアップを全社的に進めているサエラ薬局。果たして現場ではどのような変化が生まれているのでしょうか?関西で先んじて利用をスタートした今里店・今里北店に伺い、今里北店店長・管理薬剤師の濱田浩子さんと入社3年目の原かんなさんにお話を聞きました。

イベント・セミナー情報

【新春特別企画】2022年 薬局業界の未来を変える!? 経営者セミナー 1/18 Web開催

【開催日時:2022年1月18日(火)】 2021年6月に開催した際に大好評をいただいた〈特別企画セミナー〉第2弾を開催。2022年は さらにパワーアップした内容で、PHB Design株式会社 狭間 研至先生、株式会社カケハシ 中尾 豊が薬局業界の未来についてスペシャルディスカッションいたします。最新の業界動向について情報収集をしたい方、必見のセミナーです。

【人気セミナー 再放送】改正薬機法で求められる薬局の法令遵守とは? ~ 企業価値を高めるガバナンス強化への取り組み ~ 12/14Web開催

【開催日時:2021年12月14日(火)】2021年10月20日(水)に開催し、反響が大きかった人気セミナーを再放送いたします。改正薬機法により、法令順守に向けた組織体制の整備が要件として加わりました。本セミナーでは、当該法改正の対策の一つとしてテクノロジーで解決できる領域についてご紹介すると共に、ガバナンス強化を実現されているケースとして、サッポロドラッグストアー社のテクノロジーの活用についてもご紹介します。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4