プレスリリース
2020/6/16

LINE経由で利用可能なPocket Musubiに処方せん送信機能を追加

株式会社カケハシ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中尾 豊、代表取締役CEO: 中川 貴史、以下「カケハシ」)は、コミュニケーションアプリ「LINE」(以下、LINE)経由でアクセス可能なおくすり連絡帳「Pocket Musubi」(以下、Pocket Musubi)に処方せん送信機能を追加し、本日から提供開始することをお知らせします。これにより、患者さんの薬局滞在時間を短縮することで、患者満足の向上に貢献します。

●背景
これまでPocket Musubiは、LINE経由の服薬期間中フォローに特化した機能を提供してきました。一方、薬局の店舗における、処方せんを渡してから薬を受け取るまでの“待ち時間”の問題は依然として根深く、さらにコロナ禍で「不特定多数の人との接触を減らすために、薬局内の滞在時間を短くしたい」というニーズも高まっています。こうした状況を踏まえ、Pocket Musubiに処方せん送信機能を追加しました。

2021年4月30日に内閣官房・個人情報保護委員会・金融庁・総務省により「政府機関・地方公共団体等における業務でのLINEの利用状況調査を踏まえた今後のLINEサービス等の利用の際の考え方(ガイドライン)」が策定されました。
ガイドラインの対象は政府機関・地方公共団体等とされていますが、当社では処方せん画像等の医療情報は患者さんの個人情報であり、薬局においても同様の取り扱いがなされるべきだと考えています。そこで、Pocket Musubiでは本ガイドラインを遵守し、患者さんの個人情報をLINE社側のLINEのトーク画面に一切残さず、全て当社のデータベースに保管する仕様としました。患者さんと薬局双方に安心してご利用いただけるサービスとなっています。

●概要
患者さんは通院後、Pocket Musubiを通じて撮影した処方せん画像と来局時に必要な事前質問の回答を薬局に送付。薬局から準備完了の通知を受信した後に来局することで、薬局内の滞在時間を短縮することができます。

(図表)処方せん送信機能利用の流れ

(図表) Pocket Musubiの患者さん画面

患者さんは、薬局のLINE公式アカウントを友だち追加するだけで、すぐに処方せん送信機能を利用できます。薬局のLINE公式アカウント内でPocket Musubiのアプリを開き、処方せんの画像を撮影してアップロード(最大5枚)、ジェネリック医薬品希望やお薬手帳持参などいくつかの事前質問に回答して送信すると、薬局のLINE公式アカウントに受付完了のメッセージが届きます。

患者さんからの新規処方せん受信時、薬局のパソコンに通知が表示されます。薬剤師は処方せんと事前質問の回答内容を確認し、薬を準備。準備完了後に薬局から準備完了メッセージを送信すると、薬局のLINE公式アカウントを通じて準備完了のメッセージが届きます。患者さんはメッセージ受信後に来局し、薬局で服薬指導を受けて薬を受け取ります。

導入事例

高齢化率40.4%の佐渡島=日本の地域医療の未来。Musubiとともに、薬局の未来を切り開く。

新潟県と佐渡島で6店舗を経営するさど調剤グループの光谷さん。「超高齢化社会を迎えた佐渡の現在は、日本のちょっと先の未来の姿なのかもしれない」という光谷さんは、離島の薬局経営のあり方をMusubiを活用しながら模索しています。紙薬歴から切り替えたことで起こった、患者さんに対してのコミュニケーションの変化と、これからの時代を生き抜く薬局経営へのたしかな手ごたえについて語ってくれました。

「薬歴地獄から解放された」と語る2店舗経営者が、Musubiと向かう、次のステージ。 (1)

横浜と都内に2店舗を構える、株式会社ON THE ROAD。創業18年目を迎えた岩倉社長は、地域の一番店をめざすために「Musubiのない薬局経営は、ありえない」と語ります。10年使った電子薬歴からの転換、現場スタッフの葛藤。そして、Musubiを導入して数年経った今、見えている景色について伺いました。

調剤薬局チェーンが挑む、薬歴の標準化。サエラ薬歴プロジェクト

大阪に本社を構え関西・関東に68店舗を展開するサエラ薬局。全店にMusubiを導入し、薬歴のクオリティの底上げを目指した全社的な取り組みを推進されています。プロジェクトリーダーの矢羽田和哉さん、今中直輝さん、林大佑さん、鈴木樹里さんにお集まりいただき、その活動を振り返る座談会を開催しました。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4