プレスリリース
2021/04/28

株式会社カケハシが東京都のDX推進実証事業プロジェクトに採択
〜薬局のDX推進を支援する実証実験を開始〜

株式会社カケハシ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中尾 豊、代表取締役CEO: 中川 貴史、以下、カケハシ)は、東京都による支援事業「DX推進実証事業プロジェクト」(以下、本プロジェクト)に採択されたことをお知らせします。これにより、カケハシでは調剤薬局におけるデジタル・トランスフォーメーション(以下、DX)支援をさらに強化し、薬剤師と患者さん双方の薬局体験向上を推進してまいります。

●背景と概要
新型コロナウイルス感染症の影響により、薬局では従来より顕在化していた人員不足や業務効率化に向けた取り組みが急務となっています。昨年9月の改正薬機法施行に伴い、薬剤師による服薬期間中の患者フォローアップが義務化されたことによる、薬局での業務フローの見直しも迫られています。

カケハシでは、患者満足と薬局の働き方改革を支援する薬局体験アシスタント「Musubi」(以下、Musubi)を、全国の薬局に提供しています。2020年7月からは、患者満足を実現しながら薬局での現実的で継続可能な業務フローを構築するため、患者さん向けに“おくすり連絡帳アプリ”「Pocket Musubi」(以下、Pocket Musubi)の提供を開始しています。

本プロジェクトでは、DX分野における革新的な製品・サービス等を有するスタートアップのビジネスモデルの実証を支援し、DXの普及による社会変革を目指しています。このたび、カケハシの取り組みがスタートアップによる新たなビジネスモデルの検証と社会実装の推進に該当し、本プロジェクトの方向性と合致することから、採択されることとなりました。

Musubiによる業務効率化とPocket Musubiによるフォローアップ体制構築に関する実証実験を通じて、薬局のDX推進支援をさらに強化し、薬局DX推進のモデルケース創出および薬剤師と患者さん双方の薬局体験向上を推進します。

 東京都からの発表 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/04/28/13.html

導入事例

「薬歴地獄から解放された」と語る2店舗経営者が、Musubiと向かう、次のステージ。

横浜と都内に2店舗を構える、株式会社ON THE ROAD。創業18年目を迎えた岩倉社長は、地域の一番店をめざすために「Musubiのない薬局経営は、ありえない」と語ります。10年使った電子薬歴からの転換、現場スタッフの葛藤。そして、Musubiを導入して数年経った今、見えている景色について伺いました。

調剤薬局チェーンが挑む、薬歴の標準化。サエラ薬歴プロジェクト

大阪に本社を構え関西・関東に68店舗を展開するサエラ薬局。全店にMusubiを導入し、薬歴のクオリティの底上げを目指した全社的な取り組みを推進されています。プロジェクトリーダーの矢羽田和哉さん、今中直輝さん、林大佑さん、鈴木樹里さんにお集まりいただき、その活動を振り返る座談会を開催しました。

Musubiで薬局が変われば、治療が変わり、患者さんが変わる。

千歳調剤薬局 取締役鈴木雅基さん、涌井砂知子さん、岸本しげ子さん│新潟市に千歳調剤薬局とふたば薬局の2店舗を構える株式会社エムシード。システム活用による業務変革を進めるなかでも、Musubiの導入が薬局を変える大きな一手となったそう。薬剤師の働き方はもちろん、近隣の病院や患者さんにまで波及したその変化について、取締役の鈴木雅基さんと、管理薬剤師の涌井砂知子さん、岸本しげ子さんにお話を伺いました。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4