Musubiユーザ向け

乳幼児服薬指導加算と小児服薬指導セミナー 6/30

開催日時:2021年6月30日(水)
「乳幼児服薬指導加算は算定しているけど、これであってるのかな…」
「小児の風邪の服薬指導、いつも同じことしか言ってないな」
そんなお悩みはありませんか?

本講座では、乳幼児服薬指導加算に関わる指導文や健康アドバイスの説明の仕方について解説します。
また、小児服薬指導のよくあるお悩みに答えながら、乳幼児服薬指導加算の薬歴記載からお薬手帳記載までの運用例も紹介します。乳幼児服薬指導加算を基礎から学び直したい、小児服薬指導の実例とコツが聞きたいという方は是非ご参加ください。

こんな方におススメのセミナーです。

  • 乳幼児服薬指導加算のオペレーションに不安がある
  • 小児の服薬指導の知見を深めたい
  • 小児服薬指導におけるMusubi活用を知りたい 

開催概要

開催日時 2021年6月30日(水) 13:30~14:30
会場 Web限定開催
受講料 無料
主催 KAKEHASHI
お問い合わせ 03-6822-4572
備考 詳細とお申込みは こちらのユーザーサイト にてご確認ください

スピーカー

山﨑 友樹(やまざき ゆうき)

株式会社カケハシ 薬剤師
水野薬局本局の主任、Cambridge Healthcare Research社のリサーチャーなどを経て2017年にKAKEHASHIに参画。Musubiの導入支援や薬剤関連コンテンツの整備に従事。
多くの薬局様のMusubi導入に関わった知見を活かして情報をご提供いたします。CareNetにて「論文で探る服薬指導のエビデンス」を連載。所属勉強会は、EBM-Tokyoなど。

導入事例

「薬歴地獄から解放された」と語る2店舗経営者が、Musubiと向かう、次のステージ。 (1)

横浜と都内に2店舗を構える、株式会社ON THE ROAD。創業18年目を迎えた岩倉社長は、地域の一番店をめざすために「Musubiのない薬局経営は、ありえない」と語ります。10年使った電子薬歴からの転換、現場スタッフの葛藤。そして、Musubiを導入して数年経った今、見えている景色について伺いました。

調剤薬局チェーンが挑む、薬歴の標準化。サエラ薬歴プロジェクト

大阪に本社を構え関西・関東に68店舗を展開するサエラ薬局。全店にMusubiを導入し、薬歴のクオリティの底上げを目指した全社的な取り組みを推進されています。プロジェクトリーダーの矢羽田和哉さん、今中直輝さん、林大佑さん、鈴木樹里さんにお集まりいただき、その活動を振り返る座談会を開催しました。

Musubiで薬局が変われば、治療が変わり、患者さんが変わる。

千歳調剤薬局 取締役鈴木雅基さん、涌井砂知子さん、岸本しげ子さん│新潟市に千歳調剤薬局とふたば薬局の2店舗を構える株式会社エムシード。システム活用による業務変革を進めるなかでも、Musubiの導入が薬局を変える大きな一手となったそう。薬剤師の働き方はもちろん、近隣の病院や患者さんにまで波及したその変化について、取締役の鈴木雅基さんと、管理薬剤師の涌井砂知子さん、岸本しげ子さんにお話を伺いました。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4