開催終了

【ユーザーイベント】Musubiトーク!#04 4/22

開催日時:2021年4月22日(木)
「無理なく取り入れられるMusubi活用事例を知りたい」
「Musubiを使った薬局全体のオペレーションについて知りたい」
「健康アドバイスを使った実際の服薬指導を見てみたい」…
そんな多くのお声にお応えし、参加型の新感覚セミナーをご用意しました。

毎回素敵なゲストユーザーが登場し、実際の活用動画をお見せしながらインタビュアーと皆さんからの質問に回答していきます。
日々のMusubi活用にちょっとストレスを感じている方、他薬局のMusubi活用を知りたい方、もっと使いこなしたい方、ぜひふるってご参加ください!

こんな方におススメのセミナーです。

  • 日々のMusubi活用にちょっとストレスを感じている方
  • 他薬局のMusubi活用を知りたい方
  • Musubi初心者の方

開催概要

開催日時

2021年4月22日(木) 13:30~14:30

会場

オンライン(Web)開催

受講料 無料
 プログラム ・ゲストユーザーへの、Musubi活用に関する公開インタビュー
・店舗におけるMusubi活用動画
・ご参加の皆さんからのリアルタイムな質疑応答
主催 KAKEHASHI
お問い合わせ 03-6822-4572
備考 詳細とお申込みは こちらのユーザーサイト にてご確認ください

スピーカー

ゲスト:尾上 徹さん

立命館大学卒業後、学生時代から興味があったエビデンスに基づく薬物治療のイロハを広島市の病院で学ぶ。現在は、岡山県新見市と岡山市に3店舗を構えるゆずりは薬局で、社内のMusubiの伝道者を担当している。ゆずりは薬局は、「感謝と奉仕そしておもてなしの心をご縁あるすべての方へ」を理念として岡山県に3店舗を展開。2020年にMusubiと出会い、従来より安全かつ有効な薬物治療をという課題解決と、業務負担軽減の期待を込めて導入。更に使いこなすために、中心となり定期的に自主的な勉強会を開き、より積極的な活用を推進している。

インタビュアー:伊藤 希美

株式会社カケハシ 薬剤師
東京大学大学院 薬学系研究科にて修士課程修了後、大手コンサルティング会社に就職。厚生労働省をはじめとする官公庁とともに、 医療保険財政の継続性に関わる研究調査等に携わる。その後、夫の転勤に伴いチェーン薬局へ。薬剤師として 2 年ほど店頭業務を経験した後、本社勤務。2018年、薬局を健康情報発信の場にしたいとの想いからカケハシに参画。ユーザー支援業務やコンテンツ制作を担当。

導入事例

「地域に根ざした薬局」を続けていくために。Musubiを使いこなす経営者が、次世代に託す想い。

東京と茨城で4店舗を展開する代表取締役の篠原さんは「地域に根ざした薬局」の実現をめざし、『Musubi』を導入しました。そして「対物業務から対人業務へのシフトチェンジを加速させたい」と考え、さまざまな角度から『Musubi』を使いこなしています。 なぜ『Musubi』に決めたのか、具体的にどう活用しているかを伺うなかで、篠原さんが実現したい薬局の姿や、次世代の経営者への想いが見えてきました。

高齢化率40.4%の佐渡島=日本の地域医療の未来。Musubiとともに、薬局の未来を切り開く。

新潟県と佐渡島で6店舗を経営するさど調剤グループの光谷さん。「超高齢化社会を迎えた佐渡の現在は、日本のちょっと先の未来の姿なのかもしれない」という光谷さんは、離島の薬局経営のあり方をMusubiを活用しながら模索しています。紙薬歴から切り替えたことで起こった、患者さんに対してのコミュニケーションの変化と、これからの時代を生き抜く薬局経営へのたしかな手ごたえについて語ってくれました。

「薬歴地獄から解放された」と語る2店舗経営者が、Musubiと向かう、次のステージ。 (1)

横浜と都内に2店舗を構える、株式会社ON THE ROAD。創業18年目を迎えた岩倉社長は、地域の一番店をめざすために「Musubiのない薬局経営は、ありえない」と語ります。10年使った電子薬歴からの転換、現場スタッフの葛藤。そして、Musubiを導入して数年経った今、見えている景色について伺いました。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4