プレスリリース
2021/03/23

薬局向けの欠品・在庫リスク軽減ソリューションを提供する「Pharmarket」がカケハシグループの一員に
〜薬局支援のトータルサービス展開を強化〜

調剤薬局向けに薬局体験アシスタント「Musubi」を提供する株式会社カケハシ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中尾 豊、代表取締役CEO: 中川 貴史、以下「カケハシ」)は、株式会社Pharmarket(本社:東京都新宿区、代表取締役:高山 仁、以下 「Pharmarket」)の発行済株式を取得する株式譲渡契約を、株式会社セプテーニ・ホールディングス(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐藤 光紀)と締結しましたのでお知らせします。なお、2021年4月を目途にPharmarketの全株式を取得し、連結子会社とする予定です。

●背景と目的
Pharmarketは2014年「患者に寄り添う薬局を支援する」を企業理念に設立され、薬局における不動在庫の買取および販売を行う医薬品二次流通事業の運用と、薬局の対人業務サポートシステムの開発を行っています。
薬局に備蓄されている医薬品には、患者さんの症状の変化に応じた処方内容の変更や治療の終了等により、使用期限を迎えて廃棄されるリスクが存在します。Pharmarketは医薬品二次流通事業を通じて、薬局経営の重荷となる廃棄リスクを軽減するとともに、必要な薬を安価に提供することで経営を支援しています。
売主買主双方が薬局であることの徹底した身元確認、商品一つひとつの丁寧な検品、トレーサビリティの担保など、特に安心安全を優先した運営を重視しており、全国の登録薬局軒数は7,871軒にのぼります(2021年3月時点)。
カケハシは「日本の医療体験を、しなやかに」をミッションに掲げ、調剤薬局向けの薬局体験アシスタント「Musubi」を通じた薬歴作成業務の効率化、患者コミュニケーションの充実化、経営数字の見える化を支援しています。今後はPharmarketとの連携により、医薬品の欠品や在庫リスクの軽減といった、今までカケハシ単独では実現しえなかった薬局の課題解決に取り組み、患者さんに寄り添う薬局に向けたトータルサービスの充実に邁進します。

導入事例

「薬歴地獄から解放された」と語る2店舗経営者が、Musubiと向かう、次のステージ。 (1)

横浜と都内に2店舗を構える、株式会社ON THE ROAD。創業18年目を迎えた岩倉社長は、地域の一番店をめざすために「Musubiのない薬局経営は、ありえない」と語ります。10年使った電子薬歴からの転換、現場スタッフの葛藤。そして、Musubiを導入して数年経った今、見えている景色について伺いました。

調剤薬局チェーンが挑む、薬歴の標準化。サエラ薬歴プロジェクト

大阪に本社を構え関西・関東に68店舗を展開するサエラ薬局。全店にMusubiを導入し、薬歴のクオリティの底上げを目指した全社的な取り組みを推進されています。プロジェクトリーダーの矢羽田和哉さん、今中直輝さん、林大佑さん、鈴木樹里さんにお集まりいただき、その活動を振り返る座談会を開催しました。

Musubiで薬局が変われば、治療が変わり、患者さんが変わる。

千歳調剤薬局 取締役鈴木雅基さん、涌井砂知子さん、岸本しげ子さん│新潟市に千歳調剤薬局とふたば薬局の2店舗を構える株式会社エムシード。システム活用による業務変革を進めるなかでも、Musubiの導入が薬局を変える大きな一手となったそう。薬剤師の働き方はもちろん、近隣の病院や患者さんにまで波及したその変化について、取締役の鈴木雅基さんと、管理薬剤師の涌井砂知子さん、岸本しげ子さんにお話を伺いました。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4