電子薬歴トピックス 11 - Musubi導入事例

薬剤師歴40年のベテランが、紙薬歴からの切替にMusubiを選んだ理由とは?

  • Musubi編集部
  • 2019年10月15日

「納得、安心、信頼」を理念として東京都江戸川区で創業15年目を迎えるハートフル薬局。紙薬歴から電子薬歴への切り替えを検討する中でMusubiに出会った代表取締役の小山智さんは「Musubiを見てピンときた」と言います。40年間にわたる薬剤師人生でひたすら「患者さまの役に立つ」ことを追求してきたという小山さん。Musubiにどんな魅力を感じたのか、お話を伺いました。

ハートフル薬局 代表取締役 小山智さんハートフル薬局 代表取締役 小山智さん

薬局の概要

ある一言から40年、「患者さまの役に立つ」ことを追求し続ける

ハートフル薬局は15年前に東京都江戸川区で創業して以来、「納得、安心、信頼」という理念を掲げて歩んできました。患者さまと薬局、薬局と医療機関、経営者と従業員、それぞれが納得できるように誠意を持って仕事をする。その納得感がお互いへの安心感、信頼に繋がると考えています。あまり立地が良いとは言えませんが、近隣のクリニックだけでなく、多方面から幅広い年代の患者さまにご来局いただいています。

当薬局では「どうしたら患者さまのお役に立てるか」を第一に考え、患者さまが気軽に相談できる関係づくりを大切にしてきました。例えば、お薬をお渡しする際には薬袋の電話番号を見せて「気になることがあれば何でもこちらの番号にお電話くださいね」とお伝えする。小さな一言ではありますが、患者さまにこちらから積極的にお伝えすることで「本当に電話していいんだ」と安心していただけるんです。このような小さな言葉の積み重ねが、患者さまの信頼につながるのだと考えています。

大学を卒業して薬局に勤務し始めて間もないころ、ある患者さまからいただいた一言が今でも忘れられません。「院内で薬をもらった方が楽なのに、なぜ薬局で受け取らなければならないのか?」。薬剤師の存在価値を分かってもらえなければ、薬局が患者さまに心から必要とされることはないんだと痛感しました。薬局に行ってよかったと思えるような体験、薬局で説明を受け、納得して薬を使うという体験を提供しなければならないーー。数十年前のその体験以来、患者さまが何を求めているかを常に考え続けています。

導入の経緯

「Musubiを見てピンときた」 薬剤師目線で作られたMusubiに感じた魅力

当薬局では患者さまが時間を気にせずに話せるよう、一人ひとりの服薬指導時間を長くとるようにしています。しかしその分、薬歴を記載する負担が大きかった。紙薬歴を使っていたので、記載にとても時間がかかってしまい、長時間の残業となってしまうこともありました。だからといって記載時間を短くしようとすると、今度は内容が薄くなってしまう。服薬指導や患者さまの治療状況のフォローはきちんと行っていても、時間がなくそれを記録に残せていない悔しさを感じていました。

そこで電子薬歴の導入を検討し始めたものの、なかなか「これだ!」というものに出会えない。唯一、ピンときたのがMusubiだったんです。初めて画面を見せていただいたときに感じたのが、「これは薬剤師の視点で作られたシステムだ」ということ。薬剤師の目線に立っているからこそ、無駄なものがない。薬剤師の仕事に必要な機能がシンプルにまとめられているので、普段の業務の中で違和感なく使えるなと感じました。

「薬歴に対する考え方」に共感できたことも大きなポイントです。私自身、薬歴は書くことが目的ではなく、記録を残して次の服薬指導に活かすことが真の目的だと考えています。Musubiの薬歴は患者さまに関する全ての記録がつながっていくので、自分の理想とする薬歴の形に近く魅力的に感じました。

導入後の効果

年齢を選ばず、薬歴作成の負担を軽減。親身なサポートのおかげで不安はゼロに

まず、薬歴作成の業務負担が軽くなり、内容も充実したと感じています。以前は薬歴作成のために毎日1時間くらいの残業が発生していましたが、今ではほとんどなくなりました。家庭を持っている女性スタッフが多いこともあって、本当に助かっています。使う人の年齢を選ばないこともMusubiのポイントですね。ベテラン陣も含め、みんな1か月程度で操作に慣れました。服薬指導の内容がしっかりと記録されるようになり、薬歴の中身もかなり充実したと思います。

それから、サポートも素晴らしい。疑問点を問い合わせた際には必ず電話に出てくれて、とても親身に回答してくれています。困ったときにすぐ頼れる先があるのは、非常に大きな安心材料です。正直、導入した当初はまだ他の導入店舗も少ないということで不安もありましたが、一年たって振り返ってみると、心配は無用でしたね。今ではむしろ信頼のほうが大きくなっています。

Musubiならではの健康アドバイスに関しても、服薬指導の際に活用できるのはもちろんのこと、新しいアドバイスがどんどん追加されるので、自分自身の学習にも役立っています。薬局薬剤師として40年働いていますが、それでも勉強になったと感じることは決して少なくないですね。今後のMusubiの進化の中でさらなる内容充実や使いやすさの向上に期待しています。

  • Musubi編集部
  • 2019年10月15日

お問い合わせ

トピックス

  • 「薬歴の時間」からの解放が、薬局にもたらしたもの

    「薬歴の時間」からの解放が、薬局にもたらしたもの

    大阪府豊中市に4店舗を展開するグリーンメディック。薬局の常識にとらわれない店舗づくりや積極的なシステム導入など先進的な取り組みで全国的に知られる同薬局では、リリース当初よりMusubiを活用。すでに替えのきかない存在になっているとのこと。その利用状況について、...詳しくみる

    「薬歴の時間」からの解放が、薬局にもたらしたもの
  • 薬剤師の仕事を「お大事に」で終わらせないために。

    薬剤師の仕事を「お大事に」で終わらせないために。

    2018年、東京・荏原町の商店街にオープンした荏原町クリーン薬局。こちらでは開業と同時にMusubiを導入し、日々の業務に利用されています。患者さんとのコミュニケーションに特に力を入れているという同薬局がMusubiをどのように有効活用しているのか...詳しくみる

    薬剤師の仕事を「お大事に」で終わらせないために。
  • 在宅医療に本気の新設薬局が、Musubiを選んだ理由とは?

    在宅医療に本気の新設薬局が、Musubiを選んだ理由とは?

    2018年4月に開局したまんまる薬局は、在宅の患者さまに向けた「訪問薬剤サービス」に特化。居宅訪問に高い志をもった若いスタッフが集い、支持を集めています。業務の効率化を目的にMusubiを導入・活用されている同薬局ですが、それ以上の影響も見られたとのこと。詳しい... 詳しくみる

    在宅医療に本気の新設薬局が、Musubiを選んだ理由とは?
  • 薬剤師の“二極化”を見据えて 大規模薬局の薬歴負債に挑む、薬局長の覚悟

    薬剤師の“二極化”を見据えて 大規模薬局の薬歴負債に挑む、薬局長の覚悟

    福岡市内にて複数店舗を展開する株式会社福岡保健企画では、6店舗にてMusubiを導入・活用されています。総合病院の門前にて営業する旗艦店舗「ちどり薬局」での活用状況について、代表の坂口裕子さんに伺いました。 詳しくみる

    薬剤師の“二極化”を見据えて 大規模薬局の薬歴負債に挑む、薬局長の覚悟
  • 紙薬歴からの移行で、「かかりつけ」「在宅」の両立を推進

    紙薬歴からの移行で、「かかりつけ」「在宅」の両立を推進

    カネマタ薬局は、千葉県船橋市内に5店舗を展開する老舗薬局。1店舗を除いて紙での薬歴管理を行っていたものの、全社的なビジョンである「かかりつけに向けた体制強化」「在宅業務の効率化」により注力すべく、全店舗へのMusubi導入を決定。すでに現場での活用をスタート... 詳しくみる

    紙薬歴からの移行で、「かかりつけ」「在宅」の両立を推進
  • 薬歴は「ただの記録」でいいのか?“使える薬歴”が残せる体制を求めて

    薬歴は「ただの記録」でいいのか?“使える薬歴”が残せる体制を求めて

    「みなさまの薬局を目指します」という理念のもと、東京・神奈川を中心に地域密着型の60店舗を展開する田辺薬局。“書くこと自体が目的になってしまっていた”という薬歴業務を改善すべく、Musubiを導入し、活用されています。今回は、導入プロジェクトを牽引し、自らも... 詳しくみる

    薬歴は「ただの記録」でいいのか?“使える薬歴”が残せる体制を求めて
  • 薬効・用法・用量の説明で終わらない服薬指導へ。新人薬剤師の投薬サポートにも。

    薬効・用法・用量の説明で終わらない服薬指導へ。新人薬剤師の投薬サポートにも。

    全国68店舗を展開するサエラ薬局。全社的に薬歴システムの見直しを進める中でMusubiと出会い、2018年9月より導入をスタートしています。今回は、導入3カ月を迎えた神奈川・高田駅前店の杉浦店長に、Musubiの活用による薬局業務への効果・影響についてお話を伺いました... 詳しくみる

    薬効・用法・用量の説明で終わらない服薬指導へ。新人薬剤師の投薬サポートにも。
  • Musubiが特許取得。 服薬指導ツールとしての可能性とは?

    Musubiが特許取得。服薬指導ツールとしての可能性とは?

    2018年8月、株式会社カケハシの次世代型電子薬歴「Musubi」が特許を取得しました。具体的には、「薬剤師による患者に対する服薬指導を支援するための装置、方法及びプログラム」についての発明です。こちらではその特許の詳細とともに、Musubiの描くビジョンについてご紹介します... 詳しくみる

    患者に適した服薬指導が簡単にできるイメージ