Musubiサービス詳細

選ばれ続ける薬局になるために
薬局体験アシスタントMusubiが導く3つの薬局変革

Musubiなら、実現できます。

アイコン01
店舗の状況把握

業務状況や収益の見える化

自局の服薬指導や薬歴業務の現状を、どう把握するか?
薬歴完了率やSOAPそれぞれの平均記載時間といった薬剤師の業務状況を表すデータから、調剤事業の売上や後発品比率をはじめとする店舗経営データ、 処方箋数や再来率・新患率など患者さんとの関係性を表すデータまで、Musubiが自動的に“見える化”。 書けるだけの電子薬歴とは異なり、解決すべき課題の発見・把握をも効率化します。
Musubiが自動的に見える化

複数店舗間の患者情報連携

店舗をまたいだ情報管理を、もっと効率化できないか?
同一法人の店舗間で、患者情報を自動連携。過去の処方履歴や薬歴をMusubiを利用するすべての店舗で確認できるため、 正確な情報に基づく適切な服薬指導が可能になります。もちろん複数店舗を利用する患者さんにとっては「何度も同じことを尋ねられるわずらわしさ」がなくなるとともに、 安心感につながり、薬局の継続利用意識を高める効果も。オンプレミス(店舗据え置き型)のレセコン・電子薬歴と異なる、クラウド型サービスならではの特徴です。
複数店舗間の患者情報連携
アイコン02
働き方改革

薬歴業務の効率化

薬歴に追われる状況を脱し、いかに余裕を生み出すか?
Musubiなら、薬歴作成が患者さんへの服薬指導中にほぼ完了。 服薬指導の際、タブレットPCの画面をタッチするだけで、患者さんにご説明した内容が薬歴用に最適化されたテキストに置き換えられて、SOAP形式に自動反映されます。 一件あたり10分以上かかっていた薬歴作成が、従来の電子薬歴より内容充実した上で、わずか2〜3分に効率化した実例も。 もちろん、服薬情報提供書(トレーシングレポート)も、Musubiで作成可能です。
操作画面
薬歴業務の効率化

在宅業務の効率化

需要の増える在宅対応、効率的な業務フローを
どう組み立てるか?
施設・居宅訪問など、在宅業務おいて必要となる計画書・報告書をMusubi上で簡単に作成することができます。 クラウド型サービスだから、インターネット環境さえあれば外出先でも作業が可能。店舗内で電子薬歴を使うのと同じように、 出先での薬歴作成も問題なし。各書類の内容は、すでに記載されている患者情報・薬歴から自動的に転記されるので、 あっという間に作成できます。必要な情報が伝わりやすい報告書のデザインも好評です。
操作画面
在宅業務の効率化
アイコン03
患者満足

服薬指導・患者コミュニケーション

患者さんとの価値あるコミュニケーションを、
いかに実践していくか?
Musubiは、患者さんに画面をお見せしながら服薬指導できます。 季節や患者さんごとに適した指導内容・イラスト付きのアドバイスが表示され、目と耳の両方から患者さんへの意識づけが可能です。 Musubiがおすすめしたアドバイスをきっかけに患者さんとの新たな会話が生まれ、 より深い状況把握ができるなど、患者さんとの関係構築にも効果的。 画面を共有しながらのビジュアルコミュニケーションは、オンライン服薬指導にも最適です。
患者満足

服薬期間中のフォロー

患者満足を実現しながら、
現実的で継続可能な業務フローをどう構築するか?
新たに義務化されることとなった、服薬期間中のフォローアップ。これからの時代において、 薬局・薬剤師には、患者さんにとってのより身近な専門家であることが求められるようになるでしょう。 Musubiは、連動する患者さん向け“おくすり連絡帳アプリ”を通じて、服薬期間中フォローを軸とした患者さんとの関係づくりをサポート。 患者さんとの過剰なやり取りや極端な連絡不足を防ぎ、「必要な患者さんに」「適切な労力で」コミュニケーションを図るための業務フロー構築をアシストします。
服薬期間中のフォロー
店舗の状況把握
店舗の状況把握
働き方改革
働き方改革
患者満足
患者満足

Musubiは、3つを連携させて
薬局変革を導きます

さあ、選ばれる薬局へ

Musubiが選ばれる理由
質を伴った業務効率化

質を伴った
業務効率化

服薬指導の内容が、自動で薬歴へ。外来でも在宅でも、より深く患者さんに向き合うことができます。
シンプルな画面操作方法

シンプルな画面
操作方法

従来のレセコンや電子薬歴とは一線を画すシンプルな画面に、画面タッチ中心の操作。使う人を選びません。
マンツーマンサポート

マンツーマン
サポート

満足度90%以上。継続的なMusubiの活用サポートで、PC操作やITシステムが苦手な薬剤師さんも安心です。

導入事例

「もう以前には戻れない」Musubiが変えたチェーン薬局の仕事

Musubiを全ての店舗に導入し、Musubiによる店舗業務のレベルアップを全社的に進めているサエラ薬局。果たして現場ではどのような変化が生まれているのでしょうか?関西で先んじて利用をスタートした今里店・今里北店に伺い、今里北店店長・管理薬剤師の濱田浩子さんと入社3年目の原かんなさんにお話を聞きました。

「地域に根ざした薬局」を続けていくために。Musubiを使いこなす経営者が、次世代に託す想い。

東京と茨城で4店舗を展開する代表取締役の篠原さんは「地域に根ざした薬局」の実現をめざし、『Musubi』を導入しました。そして「対物業務から対人業務へのシフトチェンジを加速させたい」と考え、さまざまな角度から『Musubi』を使いこなしています。 なぜ『Musubi』に決めたのか、具体的にどう活用しているかを伺うなかで、篠原さんが実現したい薬局の姿や、次世代の経営者への想いが見えてきました。

高齢化率40.4%の佐渡島=日本の地域医療の未来。Musubiとともに、薬局の未来を切り開く。

新潟県と佐渡島で6店舗を経営するさど調剤グループの光谷さん。「超高齢化社会を迎えた佐渡の現在は、日本のちょっと先の未来の姿なのかもしれない」という光谷さんは、離島の薬局経営のあり方をMusubiを活用しながら模索しています。紙薬歴から切り替えたことで起こった、患者さんに対してのコミュニケーションの変化と、これからの時代を生き抜く薬局経営へのたしかな手ごたえについて語ってくれました。

お役立ち資料

患者さんを「脱落させない」薬局がやっている、たった1つのこと。

「患者さんとの関係性を強化し、脱落を防ぐことで、結果として売上貢献に寄与する考え方」があることを特定し、これをPRM(Patient Relationship Management:患者関係性管理)と呼ぶことにしました。PRMは薬局経営者これからの時代の変化に対応しながらも、薬局がかつてより持つ「患者さんと向き合い、地域の医療に貢献する」という役割をより加速させられるのではないかと考えています。

どうなる?調剤外注化 おさえておくべき論点 総まとめ

迫られる調剤の効率化。薬局・薬剤師への影響は?本資料では、規制改革推進会議での議論やその背景、他業界や国内外の事例を踏まえ、いま薬局・薬剤師に必要とされていることを紐解いていきます。

オンライン資格確認から始まる薬局のDX ~データヘルス改革が描く医療の未来~

データヘルス改革の描く世界と、薬局に求められる変化。 オンライン診療・服薬指導、オンライン資格確認、電子処方箋…こうした新たな仕組みの数々が、2020 年、21 年そして22 年と、相次いで運用されていきます。 今、医療の世界に訪れている電子化・オンライン化の波は、いったいどこへ向かっているのでしょうか。そして、薬局はその中でどう行動していけばよいのでしょうか。 本資料では、日本の政策の流れや海外の事例を紐解きながら、薬局の未来をお伝えしていきます。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4