開催終了

どうする?服薬期間中のフォロー ITツールの有効活用と選定のポイント 11/30 Web開催

開催日時:2020年11月30日(月) 
どうする?服薬期間中のフォロー ITツールの有効活用と選定のポイント 11/30 Web開催

10月に開催させていただいたセミナーで、服薬期間中フォローで使うべきITツールの考え方や陥りやすい選定方法など、具体的な内容が大変好評だったため、再開催が決定いたしました!

セミナー内容

9月から施行された改正薬機法で対応が必要になった服薬期間中フォロー。

薬局での対応方法とそれを助けるITツールをどのように選択すればよいかについてお話させていただきます。

また、弊社のお薬連絡帳アプリ「Pocket Musubi」を使った服薬期間中のフォローのご紹介も併せてさせていただきます。

このセミナーに出るとこれがわかる!

・服薬期間中フォローへの具体的な対応方法
・服薬期間中フォローを助けるITツールの選定方法

※前回と内容が同じになる可能性がございますので、あらかじめご承知おきください。

こんな方におススメのセミナーです。

  • 服薬期間中フォローのツール選定に悩んでいる方
  • 服薬期間中フォローの対応策に悩んでいる方
セミナーに参加する

開催概要

開催日時2020年11月30日(月)  19:30~20:30
会場 オンライン(Zoom)
受講料無料
主催KAKEHASHI
お問い合わせ03-5357-7853
備考【オンラインセミナーについて】
本セミナーでは、Zoom(ズーム)というウェブ会議システムを使って開催致します。
Zoomを使用するには、PC/Mac、スマホ、タブレットなどのデバイスと、インターネット回線が必要です。
初めてZoomを利用される場合は、アプリのインストールに5分ほど必要となりますので、お手数ですが事前にご準備ください。

スピーカー

工藤 知也(くどう ともや)

工藤 知也(くどう ともや)

株式会社カケハシ おくすり連絡帳アプリ「Pocket Musubi」プロダクトオーナー/薬剤師・博士(医学)
2007年金沢大学大学院医学系研究科博士課程修了。ケンタッキー大学医学部にて寄生虫に対する生体防御のしくみを研究。米国で臨床薬学に興味を持ち、帰国後は埼玉県越谷市で薬剤師として活動。腎透析内科門前で3年間、小児科門前で5年間管理者を務めながら、科学的知見の薬局での利用法を模索。埼玉県薬剤師会青年部、埼玉県薬剤師会新人研修会での講演活動や業界情報誌での連載の経歴あり。2018年2月よりカケハシに参加。趣味は、農作業。現在は人参作りに注力。
小椋 真実(おぐら まさみ)

小椋 真実(おぐら まさみ)

株式会社カケハシ ファーマシストパートナー
東北医科薬科大学薬学部薬学科卒業。管理薬剤師を経験した薬剤師であり、起業家でもある。
友人を白血病で亡くし、医師になることを志す。18歳で起業し、数千万円規模の法人を運営。
4年制から6年制に変わることで薬剤師の可能性を感じ、薬学部に入学。
東日本大震災を経験し、地方や被災地への医療支援の重要性を感じる。
薬剤師として働く傍ら、日本ならではのホスピタリティ溢れる医療を実現したいとの思いが強まり、一念発起して医療系ITベンチャー企業を立ち上げる。
KAKEHASHIの想いに強く惹かれ、2018年2月からKAKEHASHIに入社。

お申し込みフォーム

導入事例

お役立ち資料

Musubiのことがよくわかる資料

お電話はこちらから
受付時間 10:00~18:00(平日)