Musubiに興味がある方はこの機会をお見逃しなく

Musubiはおかげさまで多くの薬局に選ばれ、
全国でご使用いただいております。

一方で、多くの方から現在使用しているシステムのリースが残っていて、
リースが切れるのを待ってから導入したい
という声を数多くいただいています。

いますぐにでもMusubiを導入したい!!
けれど、リースがネックで導入できないという薬局の方々にも
ぜひMusubiを使っていただきたい。
そんな思いから、特別なキャンペーンを用意しました。

DX支援企画
Musubi
特別キャンペーン
対象
・DM/メルマガを受け取られたみなさま
値引き金額
・リース残期間分(ただし2022年2月末までとする)のMusubi月額利用料(だたし最大50万円)
その他条件
・2021年2月末までの御成約、かつ4月末までの導入設置
・リース残期間については申込までに証明書の提出が必要
・Musubi Insight、Pocket Musubiは対象外
・無料期間中に端末・オプションを増やした場合の月額利用料は対象外(差額分の月額使用料の支払いが発生)
・契約期間はMusubi設置後5年間です。途中解約の場合は、解約手数料が発生します。
・他プログラム・プラン・キャンペーンとの併用は原則できません。

お役立ち資料がダウンロードできます

いま押さえておくべき、
20年度診療報酬改定の要点
薬局薬剤師のための
論文活用術
薬機法改正。薬局がとるべき
アクションプランとは?

導入事例

Musubiが先服薬指導のきっかけに。薬歴の負のスパイラルを抜け、薬剤師業務の再構築へ

第一薬局 医大前店 山﨑 大典さん│和歌山県に12店舗を展開する第一薬局。和歌山県立医科大学附属病院に隣接する医大前店では、従来から課題となっていた薬歴記載の負担を軽減すべくMusubiを導入。利用開始からわずか1ヶ月にして薬歴による残業はゼロに、そして先服薬指導をはじめとした業務プロセスの再構築にも着手されています。

「本当にやるべき仕事」に向き合える体制づくりで、薬剤師のやりがいも向上

山口薬品 代表 山口仁さん、太田貴之さん、安齋凛子さん、白幡卓也さん│福島県内で6店舗の薬局を構える山口薬品株式会社。「身近な健康ステーション」をテーマに、調剤業務だけでなく、地域の方を招き健康に関する知識をお届けする「健康フェア」や、患者さまのご自宅に薬を届ける宅配サービスも行なっています。2019年4月よりMusubiを全薬局で導入。薬歴記入の時間が短縮され、服薬指導や在宅対応など患者さまと向き合う時間を作れるようになったそう。

在宅×Musubiで、薬剤師“だからこそ”できる仕事を

つなぐ薬局 取締役 薬剤師 山内伴紀さん│2016年6月に千葉県柏市にて創業し、Musubiをリリース当初より活用されているつなぐ薬局。薬剤師の真価が発揮される本質的な業務に集中したいとの思いから在宅医療に特化した薬局の設立を決めたという、取締役 薬剤師の山内伴紀さん。なぜMusubiに共感し、またどのように現場で活用されているのか、お話を伺いました。

Musubiのことがよくわかる資料

資料1
資料2
資料3
資料4