プレスリリース
2018/12/19

新機能追加に関するお知らせ

確認事項リマインド機能追加で薬剤師による継続的な服薬指導サポート強化

株式会社カケハシ(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:中尾 豊、以下「KAKEHASHI」) は、薬局向けの基幹業務システム「次世代電子薬歴システム Musubi」(以下「Musubi」)に、患者 さんへの確認事項を薬剤師にリマインドする新機能を追加したことをお知らせします。これにより、 薬剤師による患者さんに対する継続的な服薬指導のサポートを強化することが可能となります。 KAKEHASHIは今後も薬剤師の提供価値を最大化し、患者さんへより質の高い医療を提供するサポー トを推進します。

背景

Musubiのプロダクトオーナーであり、現役の薬剤師でもある永瀬 彩夏は、次のように述べていま す。「薬剤師による継続的な服薬指導は、患者さんが薬を安全に使い、また薬の効果を最大限得るた めに重要です。患者さんとコミュニケーションを取りながら、信頼関係を構築することを通じて薬の 効果を最大限に得られるよう指導する。これこそが、いま必要とされている患者さんの目線にたった 服薬指導であると考えています。 Musubiを使った服薬指導では、「前回はこんな話をしましたが、 実際にやってみましたか?」とMusubiの画面を患者さんと共有しながら、前回の指導内容の実施状 況を確認することが可能となります。今回の新機能の追加は、継続的に指導することで患者さんを生 活背景まで深く知り、患者さんにとって真に有益な服薬指導に近づく一歩だと確信しています」

取締役COOの中川 貴史は次のように述べています。「医薬品医療機器等法(以下「薬機法」)改 正の議論が行われる中で、薬局・薬剤師のあり方が大きく変わろうとしています。患者さんにより質 の高い医療を提供できるよう、薬剤師の役割が調剤だけでなく、薬学的知見に基づく指導を行う方向 に議論が進んでいます。薬機法の改正により、患者さんの服薬状況や実施した指導内容等を活用して 継続的に服薬指導することが明文化されれば、薬局は“薬を渡す場所”から“患者さんに付加価値を提供 する場所”に転換が進むことになるでしょう。今回のMusubiの新機能追加は、こうした変化に先駆 け、患者さんにとってより良い服薬指導を目指す薬剤師のサポートを強化するものです。

Musubiは、薬歴の記録という業務を簡易化するだけのプロダクトではありません。薬剤師の仕事 や価値そのものを変え、“薬学的な専門知識を持った相談できる存在”であると患者さんの意識も変え ていくことができるプロダクトだと考えています」

新機能追加の概要

前回の薬歴に記載がある患者さんへの確認事項(Observational Plan、以下「OP」)を、自動で今 回の服薬指導画面に転記します。実際に薬剤師が指導した内容は、今回の薬歴の指導事項( Educational Plan、以下「EP」)に、未指導事項はOPに転記します。 これにより、従来は薬剤師が前回の薬歴を参照しOPを記憶したうえで服薬指導を行っていた状態 から、患者さんとMusubiの指導画面を共有し、一緒にOPを確認することが可能となります。

PDFダウンロードはこちら

導入事例

イベント・セミナー情報

お役立ち資料

Musubiのことがよくわかる資料

お電話はこちらから
受付時間 10:00~18:00(平日)