プレスリリース
2020/7/2

株式会社カケハシが“薬局体験アシスタント”としてMusubiを刷新

株式会社カケハシ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中尾 豊、代表取締役CEO: 中川 貴史、以下「カケハシ」)は、薬局の働き方改革と患者満足の両立を通じた薬局体験の向上を支援するため、薬局体験アシスタント「Musubi」(以下「Musubi」)のリニューアルを行います。

●背景
2015年の厚生労働省による「患者のための薬局ビジョン」では、薬局における対物業務から対人業務へのシフトが提唱されました。2020年9月に施行される改正薬機法では、薬剤師による「服薬期間中のフォローの義務化」が開始されるなど、薬局・薬剤師を取り巻く環境が大きく変化しつつあります。 さらに、新型コロナウイルス感染症の影響で新しい生活様式が普及するなか、薬剤師は患者さんにとってより身近な専門家であることが求められるようになると推測されます。

“薬を渡すだけの場所”から“患者さんに付加価値を提供する場所”へと薬局のあり方が変わりつつあるなか、カケハシはこれからの時代にマッチした薬局づくりを支援しています。

このたび、薬剤師と患者さん”双方”の薬局体験価値を高めるべく、薬局の働き方改革と患者満足を同時に支援する”薬局体験アシスタント”として、Musubiのリニューアルを行います。

●概要
薬局の働き方改革と患者満足の両立を通じた薬局体験の向上を支援するため、Musubiと連携する2つのサービス「Pocket Musubi」および「Musubi Insight」を開始し、Musubiを“薬局体験アシスタント”としてリニューアルします。

①おくすり連絡帳アプリ「Pocket Musubi」
「Pocket Musubi」とは、服薬期間中のフォローを軸とした患者さんと薬局の関係づくりをサポートする、患者さん向けの“おくすり連絡帳アプリ”です。

Pocket Musubiには、薬局から提供されるQRコードを介して服用薬データが入力されています。そのデータに基づいたフォローに必要な質問が、自動で患者さんのアプリに送信されます。質問に対する回答だけでなく、体温や食事の内容・薬を用法に従って飲んだかなど、患者さんが簡単な操作で記録可能です。薬剤師は、Pocket Musubiの管理画面を通じて患者さんのデータを確認しながら服薬中の状況を把握し、適切なフォローを行います。

患者さんとの過剰なやり取りや極端な連絡不足を防ぎ、「必要な患者さんに」「最小限の業務負荷で」コミュニケーションを図ることで、患者満足を実現しながら現実的で継続可能な業務フロー構築を支援します。Pocket Musubiは7月2日からiOS版の提供を開始します。

②薬局業務“見える化”クラウド「Musubi Insight」
「Musubi Insight」とは、Musubiのデータを使用して薬局経営上の重要な指標を可視化し、根拠に基づく薬局運営を実現する、薬局業務“見える化”クラウドサービスです。

薬歴完了率のような薬剤師の業務状況を表すデータから、売上をはじめとする店舗経営データ、処方箋数や再来率・新患率など患者さんとの関係性を表すデータまで、薬局業務を可視化することで解決すべき課題の発見・把握を効率化し、適正な薬局運営の実現を支援します。Musubi Insightは7月2日から提供を開始します。

掲載ページを見る

導入事例

イベント・セミナー情報

お役立ち資料

Musubiのことがよくわかる資料